11月19日(水)より「フィンランド映画祭2014」のチケット販売開始!

映画祭のオープニングを飾る『劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス』(15年2月13日公開)
  • 映画祭のオープニングを飾る『劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス』(15年2月13日公開)

「フィンランド映画祭2014」のチケットが11月19日(水)深夜0:00より販売開始されることが決まった。本映画祭はフィンランドの最新映画を日本に紹介するもので、11月29日(土)から12月3日(水)までTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催される。

映画祭初日のオープニングセレモニーには、『劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス』(15年2月13日公開)のハンナ・へミラ共同監督、『コンクリートナイト』のピルヨ・ホンカサロ監督が登壇。また、『劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス』と『コンクリートナイト』の上映後には、それぞれの監督によるティーチインも予定されている。

オープニング作品は、ムーミンの生みの親である原作者のトーベ・ヤンソン生誕100周年を記念してムーミンの母国フィンランドで製作された『劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス』。そのほか、10年NHKが共同制作した日本の若い僧侶を追いかけたドキュメンタリー「“糸”道を求める者の日記」を監督し、アキ・カウリスマキ監督に次いで評価の高い、フィンランドを代表する映画監督ピルヨ・ホンカサロの新作『コンクリートナイト』、フィンランドの知的障がいをもった4人で構成されたパワフルなパンクロックバンド“ペルッティ・クリッカズ・ネームデー”を追ったドキュメンタリー『パンク・シンドローム』(15年1月公開)、また『水面を見つめて』、『予想外な8月』といった日本未公開作を含む計5作品(日本語字幕)が上映される。

本映画祭は09年に恵比寿で始まり、11年は有楽町、12年はお台場、そして昨年より六本木へと舞台を移し、今年で6年目を迎える。フィンランド映画を楽しめる貴重な映画祭に足を運んでみては。【Movie Walker】

「フィンランド映画祭2014」開催概要

◆会場:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ 
◆会期:2014年11月29日(土)~12月3日(水) 
◆上映作品
『劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス』『パンク・シンドローム』
『コンクリートナイト』『水面を見つめて』『予想外な8月』
◆入場料金:1500円均一(税込)
【PC】http://hlo.tohotheater.jp/net/schedule/009/TNPI2000J01.do
【携帯】http://tcit.jp
※チケットは11月19日(水)深夜0:00より販売開始。

【TOHOシネマズ六本木ヒルズ劇場窓口】
11月19日(水)オープン時より販売開始。

◆公式ツイッター:https://twitter.com/FinlandFilmFes  
◆公式フェイスブック: https://www.facebook.com/finlandff
◆主催:フィンランド・フィルム・ファンデーション
◆特別後援:駐日フィンランド大使館
◆協力:ファントム・フィルム/エスパース・サロウ/TOHOシネマズ
◆運営:エイガウォーカー

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報