約5500人のスノボファンが熱狂!六本木BURTON RAIL DAYS 2014が開催

約5500人のスノボファンが来場した六本木ヒルズの巨大特設コース前
  • 約5500人のスノボファンが来場した六本木ヒルズの巨大特設コース前

11月15日、世界最大のストリートスノーボードコンテスト、BURTON RAIL DAYS presented by MINIが六本木ヒルズにて開催された。

今年で4回目となるこのコンテストは、ストリートスノーボードにフィーチャーした世界最大のコンテストとして、2011年11月に初めて六本木ヒルズで開催された。会場には、約100tの雪を使った巨大特設コースが出現!世界トップレベルのスノーボーダーたちが繰り広げる技を見ようと約5500人のスノーボードファンが集まった。

コンテストには、昨年の覇者であるザック・ヘイル(アメリカ)に加え、過去に同コンテストのジャッジを務めていたジェレミー・ジョーンズ(アメリカ)も参戦した。そして優勝したのは、急遽出場となったザック・アラー。ウォールライドをメイクした阿部祐麻は3位となり2年連続の表彰台入りとなった。【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介されたスポット

[PR] おすすめ情報