「昼顔」を超えた!?斎藤工が見せた濃厚な官能シーンが刺激的!

斎藤工演じる千紘は死の恐怖によって不安定に。妻役には三津谷葉子
  • 斎藤工演じる千紘は死の恐怖によって不安定に。妻役には三津谷葉子

第19回釜山国際映画祭で賞賛を集めた『欲動』(11月22日公開)で、女優としても活躍する杉野希妃監督が手掛ける扇情的な“大人の情事”が話題だ。このクライマックスで、不倫を題材にした人気ドラマ「昼顔」で人妻とアブナイ関係に陥ってしまう教師役を演じた斎藤工が、激しいベッドシーンを見せている。そこで、世の女性たちをクギづけにすること必至!の濃厚ラブシーンをご紹介したい。

本作で描かれるのは、生死と向きあう夫婦の愛。斎藤が扮したのは、重い心臓病を患っている夫役の千紘。看護師の妻と一緒にバリを訪れるも、千紘は病気に対する恐怖から精神不安定に陥ってしまう。懸命にサポートしてくれる妻に対しても苛立ちをぶつけまくり、夫婦関係は最悪の状態に…。

ところが終盤、2人の心の中に変化が訪れる。この場面で、お互いを強く求め合う情熱的なセックスを披露しているのだが、斎藤の大胆な演技がなんとも色っぽい!強引に妻の洋服を脱ぎ捨て、押し倒しながら貪るようなキスを展開。たくましくセクシーな斎藤の裸体が映し出されるが、こうした一見ミステリアスで繊細な男性が、肉食系男子に一変するその姿は、まさに“ギャップ萌え”!?また、妻にそっと優しくキスをするラストにもグッとくる。

「昼顔」に引き続き、女性の心を揺さぶる魅惑的な男性になりきった斎藤。日常生活に何か物足りなさを感じている女性はもちろん、男性も、彼の色気漂う演技を通して、非日常的で刺激的な恋愛を味わってみてはいかが?【トライワークス】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報