「甘ブリ」藤井ゆきよ独占取材第2弾!『制作側の気持ちに共感する』

「甘城ブリリアントパーク」に出演する藤井ゆきよは、女優、照明スタッフを務めるなどの経歴を持つ
  • 「甘城ブリリアントパーク」に出演する藤井ゆきよは、女優、照明スタッフを務めるなどの経歴を持つ

TBS系で放送中の「甘城ブリリアントパーク」(毎週木曜夜2:16-2:46)は、さびれて閉園寸前のテーマパーク・甘城ブリリアントパーク(通称・甘ブリ)を舞台に、甘ブリの支配人代行を任された高校生の可児江西也が、魔法の国・メープルランドの住人であり、甘ブリのキャストである総支配人・ラティファ、支配人代行秘書・千斗いすず、看板マスコットのモッフルらと共にパーク再建に奮闘する姿を描く。

魔法の国・メープルランドの王女であり、甘ブリの総支配人を務めるラティファ・フルーランザを演じる藤井ゆきよにインタビュー。今回は、声優という仕事や共演者について、役を演じるにあたっての思いを聞いた。

■藤井ゆきよ インタビュー

――藤井さんは以前、女優としても活動されていたと思いますが、声優との違いはどんな時に感じましたか?

画の口の動きに合わせて、決められた長さでせりふを話して、かつ、感情を込めるというところです。あと、人の呼吸でお芝居をするのは難しいですね。初めて口の動きに合わせて話すシーンを演じた時は、一言せりふを合わせるのに5、6回リテイクしました。

――これまでの経験が声優として役立っていると感じることはありますか?

役立つということではないのですが、作り手側のスタッフの気持ちを感じながら演じさせていただいています。以前、照明スタッフをしていたので、裏方の作品に込める思いはよく分かりますね。「甘ブリ」では、初めてオープニングを見させていただいた時に、スタッフさんの情熱を感じて泣いてしまいました。たくさんの方が携わって、みんなで作っていると感じることが、モチベーションにもつながっていると思います。

――では、声優として経験を積まれてきて、あらためて「甘ブリ」の収録で学んだことや新しく発見したことはありますか?

役を頂くたびにその子の視点や気持ちを思うので、ラティファを演じることになってからは、人の出会いや優しさ、当たり前だと思っていたことに感謝したり感動したりすることが多かったような気がします。ラティファに優しい時間をもらいました。あと、「甘ブリ」は個性豊かなキャラクターが多いので、役作りのアプローチにもいろいろあるんだと感じました。キャラクターの個性を出すために、予想の斜め上をいく先輩方のお芝居は毎週勉強になります。

―――役作りにもいろいろなアプローチの仕方があるんですね。その中でも、特に印象に残る役作りをされていた共演者の方はいらっしゃいますか?

皆様それぞれにキャラクターの個性を爆発させているので、どの方もすごく印象深いのですが…トリケン役の福山(潤)さんは、いつも楽しそうに演じられているので、現場の空気が明るくなります。そんな先輩方の演技を通して、画だけではない面白さを声優さんがプラスしているんだと実感しました。

――最後に、ファンの方へメッセージをお願いします。

いつもあたたかい応援ありがとうございます!!皆様から頂いたお手紙を読む時間が至福です。「甘ブリ」のwebラジオに寄せられる感想も励みになっています!これからもすてきな作品をお届けできるよう頑張ります!!

「甘城ブリリアントパーク」
毎週木曜夜2:16-2:46
TBS系で放送

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報