相葉雅紀は「男らしい」。榮倉奈々とハン・ヒョジュが感激したエピソードって?

榮倉奈々とハン・ヒョジュが、相葉雅紀について告白!
  • 榮倉奈々とハン・ヒョジュが、相葉雅紀について告白!

相葉雅紀が映画単独初主演を務める『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』が11月22日(土)より公開となる。中村航の原作小説を、犬童一心監督が映画化。4人の男女の片想いの恋が綴られる本作で、相葉が演じるのは、優しすぎて、いつもペコペコと頭を下げている光役。まさに、相葉のイメージとぴったりのはまり役と言えそうだ。そこで共演の榮倉奈々、ハン・ヒョジュにインタビュー。現場での相葉の印象を聞いた。

相葉雅紀演じる、気の優しい光。光の幼馴染で、彼を想い続ける杏奈(榮倉)。光が運命的な出会いをするソヨン(ヒョジュ)。光の同級生で、ソヨンの元彼である北山(生田斗真)。山下達郎の名曲「クリスマス・イヴ」をモチーフに、4人の想いが交差するラブストーリーだ。

完成作を見た感想を聞くと、榮倉は「中高生や年齢の若い方向けの映画になるのかなと思っていたんです。でも完成作を見たら、4人の恋模様がとても繊細に描かれていて。大人の方にも楽しんでいただける、切なくて温かい映画になったと思います」。するとヒョジュも「いろんな年齢層の人が、一緒に楽しめる映画ですよね。大人の方も、大切な人の顔を思い出せるような映画だと思います」と普遍的な愛、大切な人への想いが込められた映画だと胸を張る。

漫画家志望の光は、気が優しく、“Mr.ごめんなさい“と言われるほど、腰が低い青年。そんな光を想い続け、姉のように叱咤激励するのが榮倉演じる杏奈だ。杏奈の一途な想いに気づかない光は、女子にとっては鈍感とも思える、なんともやきもきさせられる存在。榮倉は「相葉さんは、パブリックイメージでいえば、本当に光そのものですよね!」とニッコリ。続けて、こんなエピソードも教えてくれた。「犬童監督が、ずっと相葉さんで映画を撮りたくて、それが実現して今回の光役をお願いしていて。その希望の上で出来上がった作品だから、相葉さんの良さは100パーセント出ているんじゃないかな」。

また榮倉が「現場でのあり方や、引っ張っていく座長の雰囲気は、思っていた以上にずっと男らしくて、頼りになりました」と話すように、相葉には気の優しい光のイメージがある一方、しっかりとした男らしい一面があるとか。ヒョジュも「相葉さんは思いやりがあって、びっくりするくらい良い人」と目を輝かせる。「自分が映っていないシーンでも、寒い中、私のお芝居にずっと付き合ってくださった。そして撮影が終わると、スタッフさんやキャストの皆さんに、笑顔で『お疲れ様でした』と声をかけていたんです。何年ものキャリアがある方が、なかなかそんなふうにできるものではない。そんな相葉さんを見て、大きく心に響きました」。嵐のメンバーとして絶大な人気を誇りながら、笑顔を絶やさず、謙虚で現場に臨む相葉から大きな刺激を受けた様子だ。

長年の友人でもある相葉と生田が共演をしていることでも話題だが、榮倉は「二人はまったく違うタイプだと思う」と分析。「でも、クランクイン前に相葉さんと生田さんで、『よろしくね』という意味を込めてご飯を食べにいったらしいですよ」と話すように、相葉と生田の間に流れる自然な空気感が本作の魅力のひとつとなっている。

光にしか見えない、謎の相棒・デビクロくんが起こす奇跡が、クライマックスを盛り上げる。榮倉とヒョジュにとって、“奇跡”とはどんなものだろう?榮倉は「自分の中で限界を決めずに、やり続けていったときに自分が思った以上のパワーが出たときは、奇跡を感じるかもしれませんね」とコメント。ヒョジュは、「奇跡の大きさを、少し小さいものにして考えてみると、毎日の生活の中にも奇跡は起きていると思うんです。自分なりの奇跡、自分にとっての奇跡はなんだろうと考えることが、大事なのかもしれませんね」。すると榮倉も「素敵!」とヒョジュの考え方に同調。微笑みあう二人の息もぴったりだ。【取材・文/成田おり枝】

■榮倉奈々
ヘアメイク:足立真利子
スタイリスト:有本祐輔
■ハン・ヒョジュ
ヘアメイク:佐藤寛
スタイリスト:平野真智子

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報