『インターステラー』のジェシカ・チャステイン、「クリストファー・ノーランは素晴らしい監督」とベタ惚れ!

クリストファー・ノーラン監督の作品を「大好き」と語るジェシカ・チャステイン。彼との撮影は大きな喜びだったそうだ
  • クリストファー・ノーラン監督の作品を「大好き」と語るジェシカ・チャステイン。彼との撮影は大きな喜びだったそうだ

クリストファー・ノーラン監督が放つSFエンタテインメント大作『インターステラー』が、いよいよ11月22日(土)に公開。マシュー・マコノヒー、アン・ハサウェイら豪華キャストが出演しているが、本作のカギを握っている女性科学者役を演じたのがジェシカ・チャステイン。ノーラン作品は初参加となる彼女に、撮影の様子や手応えなどを聞いた。

完成した映画について「息するのを忘れてしまうくらい臨場感がある。素晴らしい作品」と手応えを感じているジェシカ。自身にとってかけがえのない作品になったようだが、この仕事を引き受けた理由には、“ノーランの存在”が大きかったと明かす。「私には、もしオファーをもらったら『イエス』と答える監督のリストがあるの(笑)。監督は、そのうちのひとりなのよ」と、以前よりノーラン作品に心酔していた様子。また、物語についても衝撃を受けたようだ。「脚本をもらった時、壮大でビジュアル的にも素晴らしいことは、すぐにわかったわ。私のキャラクターはストーリーのエモーショナルな側面に参加できるので、それがとても嬉しかったの」

自身がそう語る通り、ジェシカ演じるマーフは物語のキーパーソン的な存在。宇宙に飛び立った父親に置き去りにされながらも、彼を求め続け、彼の帰りを信じている女性だ。マーフについて「確かに彼女は、父が宇宙に行ったことに怒っているわ。でも、それは、マーフの心が父親に対する愛情で満ち溢れているからなの」と、客観的に語る。そんなマーフを演じるうえでのアプローチは、これまでになく難しかったという。「彼女の心の傷を理解できたのは、私自身の個人的な経験のおかげよ。だから、演技のために、自分のパーソナルな部分を晒さないといけないんだと思ったわ。それは初めてのことだった」

ジェシカが新境地を開拓できた理由には、ノーランの独特の演出方法にもあったようだ。「監督は役者が開花できる空間を作りだしてくれた。宇宙船やシャトル、500エイカーのコーン畑など、どれも現実的なセットなのよ。それらが演技をやりやすくしてくれたわ」と、ノーラン監督のこだわりのセットを絶賛。また、現場でノーラン監督から演技指導を受けたのかと問うと…。「彼は、キャラクターを演じるうえで自然ではない演技を強制しないの。時々、小さなメモやちょっとした助言をくれるんだけど、それが俳優の演技を完璧に解放してくれる。私にとって大きな喜びだったわ」と、濃密な撮影を振り返る。

ノーラン監督と良い関係を築けたと話すジェシカは、ノーラン作品の魅力をこう分析する。「彼が創出する世界はとてつもなく大きい。この映画を観ていると、物語に入り込み、語られている理論を理解したいと思うはず」。ジェシカが言うように、劇中に登場する科学、物理学はすべて本物に基づいている。そして、本作での出来事はフィクションではなく、今後起きる可能性があるとも考えているようだ。「歴史を振り返れば、ダストボウルなど、この映画と同じことが起きているの。だから、間違いなく信じるわ」。

ノーラン監督が作り出す世界観に惚れ込み、女優として更なるステップアップを遂げたジェシカ。「映画の核となっている愛を感じてほしい」と語るように、本作には親子の絆や愛がたっぷり込められている。ジェシカがノーランのもとで体現した、リアリティのある演技と深い愛情を、スクリーンでしっかり感じ取ってほしい。【トライワークス】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報