野村周平が嵐の中、裸でライブをした苛酷な撮影を振り返る!

『日々ロック』の主演を務めた野村周平
  • 『日々ロック』の主演を務めた野村周平

俳優は、時折、役柄の守備範囲がぐんと広げられる勝負作と出会う。きっと、野村周平にとって、『日々ロック』(11月22日公開)は、そういう位置づけの作品になったのではないだろうか。本作で主演を務めた野村は、地毛でアフロヘアにし、熱いロック魂を体現した。そんな野村にインタビューし、とても苛酷だったが楽しかったという撮影を振り返ってもらった。

榎屋克優の同名コミックを、『SR サイタマノラッパー』シリーズの入江悠監督が映画化した、とことんロックな青春映画『日々ロック』。野村が演じたのは、金なし、風呂なし、彼女なしだが、ロックへの情熱は誰にも負けないという童貞のギタリスト・日々沼拓郎役。彼のバンド、ザ・ロックンロールブラザーズも、全くイケてない。ところが、ある日、凶暴なトップアイドル、宇田川咲(二階堂ふみ)と出会い、彼女から曲作りを依頼される。果たして、日々沼は、陽の目を浴びることができるのか!?

野村は好きなものに対してのめり込むという点で、日々沼にとても共感できたそうだ。「僕も、そういうタイプです。他はあんまり似てないけど、趣味に没頭できる点は同じですね。僕もBMX(競技用自転車)やスケボー、車、バイクが大好き。休みの日は、大抵そのうちのどれかをやっています。命に代えても良いと思えるくらいの趣味があるってところは同じですね」。

仕事は仕事、趣味は趣味と、切り替えられるタイプだと言う野村だが、『日々ロック』の撮影中はほとんど休みがなく、ずっとプライベートなしの状態だったとか。「行って帰って寝て、みたいな生活をずっとやっていましたが、でも、逆にそれが良かったと思います。ほぼ毎日、『日々ロック』でした。日々沼がのり移っていたような感じで、常に日々沼のことを考えていたので、自然に演じられたんだと思います」。

いちばんインパクトがあったのは、宇田川咲のために、嵐の中で仲間たちとライブを行うシーンだ。「あのシーンでは、本当に雨が体に当たって痛かったです。扇風機も5台くらい用意されていたので、雨粒が弾丸のようにパチパチ当たるんです。2日間かけて撮影しました」と激白。野村いわく、撮影カメラマンがかなりロックな人だったとか。「現場では撮影の主導権を握られていて、2カメさん(違うアングルから撮るカメラマン)に『お前、撮れないんだったらどいとけよ』とか、言ってました。その人、撮り終わって、面白いとゲラゲラ笑ってくれるので、そういうところは助かりました。役者のテンションの上げ方が上手いんです。あのシーンは、クランクアップのシーンで、最後の撮影だったから、こっちも気持ちが入りました」。

『日々ロック』を経て、いまの手応えについても聞いてみた。「また、『日々ロック2』をやりたいという気持ちもあるし、作品への思い入れもあります。ただ、ここで得た芝居は、この映画でしか使えない芝居だなとは思っています。何か1つ増えたかなという感じはしますが、これがどこかで使えるかどうかは難しいなあと。それに、いまはこれ以上きつい現場はないと思っているんですが、次の現場に入ると、不思議なことに、そこがいちばんきつくなるんです。きついものは毎回押しよせてきますね」。

そんな大変な役者業だが、野村は、どんなところに魅力を感じるのだろうか?「やっぱりいちばん大きいのは、違う人の人生を生きられるってことですね。それに、いろんな人と出会えるし、相手とのキャッチボールも楽しいし、役柄について考えることも楽しいですよ」。確かに、本作で彼は、スクリーンのなかで、日々沼拓郎として熱く生きている。

最後に、『日々ロック』の見どころについて語ってくれた。「ハチャメチャななかで、すごいエネルギーが詰まっています。今、暗い人が多いので、何かを諦めかけている人や、夢を追いかけてる人に見てもらいたいし、音楽がすごく良いので、ライブ感がある音楽と映像を、映画館で楽しんでもらいたい。特に、バンドマンは、絶対見に来てほしいです」。

最初から最後まで、ロックなエナジーに満ちあふれた『日々ロック』。がむしゃらにロックをやり続けるロックバカたちの不器用だけど、真っ直ぐな生き方は、見る者に勇気とパワーを与えてくれる。【取材・文/山崎伸子】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報