野村周平&二階堂ふみがロックで乾杯!「好きです、好きです」と入江監督に連呼

『日々ロック』公開を祝って、ロックで乾杯!
  • 『日々ロック』公開を祝って、ロックで乾杯!

榎屋克優の同名コミックを映画化した『日々ロック』の公開記念舞台挨拶が11月23日に新宿ピカデリーで開催され、野村周平、二階堂ふみ、竹中直人、前野朋哉、岡本啓佑(黒猫チェルシー)、The SALOVERS、落合モトキ、喜多陽子、入江悠監督が登壇。この日は“勤労感謝の日”とあって、入江監督が主演の野村にあてた感謝の手紙を読み上げた。

本作は、ヘタレロッカー・日々沼拓郎とカリスマ的な人気を誇る破天荒なトップアイドルとの出会いを描く青春映画。裸でギターをかき鳴らす熱い主人公を演じきった野村に向けて、入江監督が「僕は、『主演俳優を褒めない』と言われてきたのですが、この機会に褒めたい」とノートにしたためてきた思いをぶつけた。

「シュッとしたイケメン俳優である、その素質をすべて捨てて、日々沼拓郎役らしい、汚らしい主役になりきった」と野村の熱演を称えた入江監督。「見苦しく、這いずり回る役をこれほどにやった俳優はなかなかいない。主演として、無言でみんなを引っ張っていく姿に感動しました」としみじみ語った。「過酷な状況でも、一度も辛い顔をせず笑顔だった」と野村の清々しい役者魂に感心しきり。

野村は「ありがとうございました」と感無量の面持ちで、「やっと褒められて、背中がムズムズします」とニッコリ。「僕も監督が好きです。好きです、好きです」と連呼すると、入江監督は「気持ちわるっ!」と照れ隠しのように悪態をつき、会場の笑いを誘っていた。

またクロストークでは、ロックな映画にちなみ、「これから一番してみたい“ロックなこと”」を聞かれた登壇者一同。野村は「ディズニーランドを買い占めたい。買い占めて、男3人、女7人くらいで遊びたい。だいぶロックな感じです」と希望を告白。二階堂は「今、切り絵を始めたいと思っている」そうで、「繊細な作業で、うちに向かっていく作業もロックな感じだなと思って」と新たな興味について語っていた。

最後には、公開を記念して“ロックな”鏡開きを実施。木槌で樽蓋を割って、ロックグラスで乾杯。美酒に酔いしれた登壇者一同。お互いに撮影会を始めるなど、和気藹々とした雰囲気に会場も大いに盛り上がっていた。【取材・文/成田おり枝】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報