スティーヴン・タイラーの歌声に合わせてジェシカ・アルバがセクシーに踊る!

テンション高く曲作りをしたロドリゲス監督とタイラー
  • テンション高く曲作りをしたロドリゲス監督とタイラー

罪の街を舞台に、腐敗した権力に汚されたアウトサイダーたちの壮絶な復讐劇を描くクライムアクション映画『シン・シティ 復讐の女神』(15年1月10日公開)。本作の世界観を全面に出したサウンドトラックが、11月26日(水)より発売される。そこで、エアロスミスのスティーヴン・タイラーが歌う「Skin City」のメイキング映像を先行公開!

本映像では、ロバート・ロドリゲス監督とタイラーが曲作りはげむ様子が映し出され、2人のテンションの高さからもお互いに満足のいく曲に仕上がっていることがうかがえる。また、ロドリゲス監督は「彼(スティーヴン・タイラー)の歌声は作品に命を吹き込み、新しい風を吹かせた」と大絶賛。劇中では「Skin City」に乗せて、ジェシカ・アルバ扮するナンシーが激しくセクシーに踊っている。

「バットマン」シリーズや「300<スリーハンドレッド>」の原作者フランク・ミラーのグラフィック・ノベル「シン・シティ」から最も人気の高いエピソード2話と新たに書き下ろした2話で構成される本作。

監督は前作『シン・シティ』(05)に続き、ロドリゲスとフランクの黄金コンビ。キャストも前作から続投するジェシカ・アルバ、ミッキー・ローク、ブルース・ウィリスらに加え、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ジョシュ・ブローリン、エヴァ・グリーンら曲者たちが新たに集結した。疾走感溢れるアクションとクールな映像美に重なるタイラーの歌声をたっぷり味わってほしい!【Movie Walker】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報