バンダイの遊歩計第3弾「課長 島耕作」で社長を目指す!

デキるビジネスマン必携!? ポケットに入れても反応してくれる
  • デキるビジネスマン必携!? ポケットに入れても反応してくれる

昨年12月にバンダイから発売された「宇宙戦艦ヤマト」と「母をたずねて三千里」をモチーフとしたデジタル遊歩計が人気だ。「歩いてイスカンダルへ」「お母さんに会うまで僕は絶対にあきらめない!!」など、ストーリーを楽しみながらウォーキングができることから、プロスポーツ選手が愛用していることが報じられるなど、話題となっている。

そのデジタル遊歩計の第3弾が5/23(土)に発売される。その名も『遊歩計 課長島耕作〜歩いてサクセス!社長への道〜』(4725円)。今回のこの遊歩計、名前でピンと来る方も多いだろうが、ズバリ課長から社長へと出世を目指すストーリー。『課長 島耕作』からスタートし、部長、取締役、常務、専務と昇進し、最終的に“社長”へと駆け上るのが目標だ。

自分で設定した毎日の目標歩数を(3000〜2万歩の間)をクリアし、一定歩数に到達するとストーリーが進行。また目標通りに歩くことで、島耕作の「魅力ゲージ」があがるという。「男としての『魅力』を あげることで、日々のウォーキングを応援してくれるキャラクターが増えていくので、やる気をアップさせてくれます」(バンダイ)という。

主なターゲットは健康に関心のある30代以上のビジネスマン。前2作と同様に、ポケットやバッグに入れたままでの計測が可能な3Dセンサー(3軸加速度センサー)を搭載。専用無料Webサイト(http://www.yuuhokei.com)との連動し、Web上での健康管理もできるという。家電量販店や百貨店、玩具専門店などで販売し、今年度中に10万個を販売する予定だ。

累積歩数が表示されるだけでなく、消費カロリーや最新7日分の身体活動量なども表示されるというこの遊歩計、まずは健康的に歩いて、ゲームの中で出世してみてはいかが?【東京ウォーカー】

キーワード

[PR] おすすめ情報