神奈川県、三浦半島の海岸でのんびり乗馬体験

波打ち際をのんびり歩く。気持ちいい〜
  • 波打ち際をのんびり歩く。気持ちいい〜

今回の旅は、動物と海が大好きというレポーターの山口日記さんと行く、渚での乗馬体験。旅先は神奈川県三浦市、三浦半島。三方を海に囲まれた、自然いっぱいの土地です。

向かったのは、1日乗馬体験ができる「クリエ三浦海岸ホーストレッキングファーム」。到着したら、まずは乗馬ブーツや安全のためのプロテクター、ヘルメットを装着。気分は早くもジョッキーです! さっそく、今回乗せてもらう馬とご対面。優しい目のゴロー君は、性格もおとなしいそう。いま話題の草食男子!? あいさつが済んだら、練習用馬場へ。インストラクターの吉村優一郎

さんから乗降や操縦方法を教えてもらいます。おなかを蹴ると「進め」、手綱を引くと「止まれ」の合図。「怖がらずにきちんと合図を出すのが、馬とコミュニケーションをとるコツですよ」と吉村さん。アニマルヒーリングという言葉もあるように、馬とふれあううち、どんどんココロが和んでいくのがわかります。

馬に慣れたら、いざ三浦海岸へ。海岸までは乗馬しながら住宅街や一般道路を行く非日常の体験が楽しめます。馬たちは近所の小学生に大人気で、道すがら声をかけられます。

いよいよ海に到着。潮風がそよぐなか、砂浜をゆっくり歩けば気分ものんびり。でも、乗馬は優雅に見えて腰の筋肉を使うから、ウエスト引き締め効果があるとか。知らず知らず体型も整ううれしいスポーツ、乗馬。意外と気軽に楽しめるので、GWの行き先候補に。【シュシュ4/23発売号 連載「山口日記のココトリ。」第3回より転載】

▼山口日記の感想日記

海だ! まぐろだ! 三浦海岸だ〜!! 叫びたくなるほど、ぽかぽか天気で気持ちよかった。あー海がキラキラ光ってキレイ…。あったかいよ〜。海潜りたいな〜。どんな地形してんだろ。どんな生き物がすんでんだろ。お昼寝したい…っと考えながら撮影(笑)。馬は、よそ見して葉っぱ食べようとしたり、違う道行こうとしたり、おしっこはしたいときにする。なんだか猫が大きくなったみたい。しかもそれぞれキャラが違う。飼ってる人がうらやましい!

やまぐちにっき●1982年、東京生まれ。TBS「世界ふしぎ発見」のミステリーハンター、TBS「夢の扉」など、おもに旅番組のレポーターとして活躍中。写真撮影や絵を描く特技も

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報