名古屋駅直結!期間限定のかき小屋がオープン

殻の中には、じっくりと蒸されたプリプリのカキの身が。
  • 殻の中には、じっくりと蒸されたプリプリのカキの身が。

12月1日~2015年3月31日(火)、名鉄百貨店本店・本館屋上にかき小屋「がんがん亭」が期間限定オープン。名鉄名古屋駅から直結で行け、地下鉄やJRからでも徒歩5分圏内というアクセス抜群な立地で、旬のカキを存分に楽しめる。

カキのメニューだけで計11種もあり、その全てに濃厚な味わいが特徴の広島県産のカキを使用。特にオススメなのが、店名の由来にもなっている「かきのがんがん焼き」(1800円/1kg)だ。殻の付いたカキを30センチ四方の缶の中に入れて蒸し焼きにする料理で、直送された新鮮なカキを味わえる。漁師が編み出したシンプルな調理方法ながら、蒸されたカキは身がふっくらしていて、素材の旨みが凝縮。調理は全てスタッフが行い、殻のむき方のレクチャーもあるので、食べ慣れていない人でも安心だ。カキ以外にも、「ホタテ貝とムール貝のがんがん焼き」(1500円)や「有頭海老のがんがん焼き」(1500円)などがあり、がんがん焼きメニューの食材すべてが入った「宝箱のがんがん焼き」(2800円)も見逃せない。

また、がんがん焼き以外のメニューも充実。カキフライをキャベツや目玉焼き、ソースやマヨネーズと絡めて食べる「山盛りかきフライ~がんがん亭お好み焼き風~」(1800円)やよく味のしみた「かきしぐれ」(450円)など、バラエティー豊かなメニューが取りそろう。他にも、イタリアンな味付けの「かきのガーリックオイル煮」(700円)や中華の調理方法でカキが味わえる「かきの麻婆豆腐」(700円)などがあり、カキ好きにはたまらない品ぞろえだ。

屋上ながら小屋の中での食事になるので、天候を気にしなくてもいいのもポイント。店内には、大漁旗や手書きのメニュー表などが掛かり、本場の雰囲気の中で食事を味わえる。ビールやワイン、日本酒などを片手にカキを堪能できるので、これからの忘新年会シーズンにもオススメだ!

■かき小屋「がんがん亭」
会場:名鉄百貨店本店 本館屋上
住所:名古屋市中村区名駅1-2-1
電話:052-571-1855
営業:月~金16:00~22:00(LO21:30)、土日祝11:00~22:00(LO21:30)
※12月1日~9日(火)は、11:00~22:00(LO21:30)
休み:2015年1月1日(祝)※名鉄百貨店に準ずる
席数:約150席

キーワード

[PR] おすすめ情報