乃木坂46が壁ドン&顎クイに挑戦!2015年の抱負を大いに語る

乃木坂46の白石麻衣(写真手前)、橋本奈々未(同右)、西野七瀬(同中)、秋元真夏(同左)に2015年の目標を聞いた
  • 乃木坂46の白石麻衣(写真手前)、橋本奈々未(同右)、西野七瀬(同中)、秋元真夏(同左)に2015年の目標を聞いた

2011年にAKB48の“公式ライバル”として結成された乃木坂46の勢いが止まらない。2014年は節目となる10枚目のシングル「何度目の青空か?」を発表し、グループ史上初となる55万枚を越える大ヒットを記録。これに続き、12月には初の主演映画も公開された。さらに2015年1月7日(水)には、待望の1stアルバム「透明な色」のリリースが決定し、早くも話題になっている。ものすごい勢いで“上り坂”を上り続ける乃木坂46のメンバー4人に、来年の抱負を聞いた。

まずはグループでの活動のほか、モデルとしても活躍中の白石麻衣。乃木坂46を創成期からけん引し続ける彼女だが、ある弱点に悩んでいるのだとか。「来年は辛いものを食べられるようになりたい!とにかく苦手で、普通の人が何とも感じずに食べられるようなものでもダメなんです。カレーは甘口を食べています。メンバーと一緒に韓国料理を食べに行っても、私だけ別のメニューを食べることになったり…」。その弱点はテレビ番組「乃木坂って、どこ?」(テレビ東京系)などでもたびたび取り上げられており、本人は「何とかしないと!」と相当な危機感を覚えている様子。

続いては、8thシングル「気づいたら片想い」、9th「夏のFree&Easy」と2作連続でセンターを務め、2014年に大躍進した西野七瀬。グループ一の“おしゃれ番長”の異名を持つ彼女も、自身が抱えているコンプレックスを解消したいと告白してくれた。「姿勢をよくしたいですね。めっちゃ猫背なので。何ていうか…両肩が前に入っちゃって、縮こまっちゃう感じなんです。寒いから…とかじゃなくて、生きてきた間ずっと(笑)。姿勢がよくなるとだいぶ印象が変わりますよね。ずっと気になっていたんですけど、来年こそは!って思っています」と力強く宣言する。

白石&西野がそれぞれ弱点克服を目指す一方、才色兼備ながら時に独特すぎる存在感を発揮する橋本奈々未は、実用性の高い目標を掲げた。「習い事が好きで、今までいろいろな資格を取得してきました。『色彩検定』も3級を持っているんですけど、来年はもっと上の級を狙っていきたいですね。そして、何よりも車の免許!時間があるか微妙ですけど、これを取ると生活そのものを変えられそうですから」とコメント。女優としても活動の幅を広げている彼女にとっては、免許の取得も大いに役立つに違いない。他には、アロマ検定や料理検定なども視野に入れているそうだ。

最後は男性ファンのハートを「ずっきゅん!」と撃ち抜く秋元真夏。彼女も橋本同様、現実的な抱負を語る。「実は、私、いくつかの雑誌で表紙にしていただいた経験があるんですけど、一番少ない時で4人が最少記録なんです。今年は、3人とか2人でカバーを飾らせていただくのが目標です」とのこと。単体での表紙経験を持つ白石、西野、橋本から「1人を目指しなよ!」と声を掛けられると、「それはちょっと欲張りすぎなので」とあくまで謙虚だ。

ビジュアルだけでなく、各メンバーの個性も広く認知されはじめた乃木坂46。2013年、5thシングル「君の名は希望」をリリースした際に、多くのアイドルファンから“本物になった”と評価された彼女たちが、飛躍の2014年を経験し、2015年には“大物に”なりそうな予感がする!【東京ウォーカー】

詳細は12月9日発売の東京ウォーカー2014年24号に掲載!
最新号・バックナンバーの購入:雑誌バックナンバー販売コーナー
BOOK☆WALKERで2014年24号電子書籍を購入!(配信は12月9日より)
Kindleで2014年24号電子書籍を購入!

キーワード

[PR] おすすめ情報