自分の顔が立体に!話題の3Dクリスタルが関東初上陸

“3Dフォトクリスタル”は、傷一つないクリスタルの中に描かれた自分のリアルな顔にびっくり!
  • “3Dフォトクリスタル”は、傷一つないクリスタルの中に描かれた自分のリアルな顔にびっくり!

「笑っていいとも!」や「行列のできる法律相談所」でも取り上げられた、“3Dフォトクリスタル”を作れる店「3D-Memories」が4/22、横浜ワールドポーターズにオープンした。

“3Dフォトクリスタル”とは、立方体のクリスタルの中に、レーザー彫刻で自分の顔を立体的に描く機械のこと。周りは一切傷つけず、“真ん中”に、自分の顔が浮き彫りなるという珍しさから、関西にある第一号店では、開店と同時に、閉店までの予約が埋ることもあるほどの人気スポットなのだ。しかも、この“3Dフォトクリスタル”を作れるのは、日本でも、「3D-Memories」のみ。

というこで、満を持して関東初上陸した同店をリサーチするため、さっそく横浜へ。一体どうやって作っているの…?

作り方はとっても簡単。3Dカメラの前で2〜3度撮影。その中から気に入った一枚を選ぶと、あとは高性能PCと、まだ日本に数台しかないレーザー彫刻の機械が自分の顔を“浮き彫り”にしてくれる。実際見てみると、クリスタルの中で笑う人の顔は表情シワ1本1本まで、かなり細かい。まるで映画「フェイス・オフ」のようなリアリティにびっくり!

それもそのはず。この加工機、1秒間に1000か所もクリスタルを削ることができるという超高性能機械。しかも、わずか10分で完成させるという“早ワザ”もやってのける。そして驚くことに、料金は1900円からとかなりリーズナブルなのだ。

「もともと、美容整形などに開発されていた『3Dカメラ』と、『レーザー彫刻の機械』をコラボしたらおもしろいだろうな、と思ったのがきっかけです」とは、「3D-Memories」を運営するブラストの小西さん。「当初は、まだ機械の性能が追いついていなかったですが、開発努力の末、ようやく短時間でお安く提供できるようになりました」

“自分の娘の成長を記録したい”という思いから始めたので、安く提供することは譲れなかったという小西さん。そのため、この値段がギリギリなのだとか。

単なる写真よりもオシャレに“記録”を残せる“3Dフォトクリスタル”。恋人との思い出や、子供の成長過程も、この値段なら毎年つくれるかも。関東初上陸となる「3D-Memories」も、関西同様、ムーブメントを起こしてくれそうな予感だ。 【東京ウォーカー/安藤真梨】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報