深津絵里の子供時代の夢は、大人になること!?

左から・福士誠治、原作者の西原理恵子、深津絵里、大後寿々花、波瑠、高山侑子
  • 左から・福士誠治、原作者の西原理恵子、深津絵里、大後寿々花、波瑠、高山侑子

深津絵里主演で、西原理恵子の人気コミックを映画化した『女の子ものがたり』(晩夏公開)。4月22日に完成披露舞台挨拶が行われ、主演の深津絵里をはじめ、大後寿々花、福士誠治、波瑠、高山侑子、森岡利行監督、原作者の西原理恵子の7名が登壇した。

原作は、友だちとの交流を通じて、少女・菜都美の成長を描く物語だが、映画版は原作にはない大人になった菜都美を主人公におき、少女時代を振り返っていくという友情物語+自分探し的な物語として着地している。

主人公である、大人になった菜都美役の深津絵里は、原作を読んだときの感想をこう語った。「ひとことで表現するのは難しいですが、原作を読んだとき、心の底の底の底のすごい奥の方が刺激された、ゆさぶられた、ふるえたという感じでした。出会えてよかったと思った作品です」

舞台挨拶後半では、劇中で子供たちが願いを書いた紙を瓶に詰めて海に流すというシーンにちなみ、各登壇者の子供時代の夢を書いた紙をタイムカプセルとして瓶に詰めるというヒット祈願が行われた。

高山侑子の夢は「ペットショップの店員」、波瑠は「イルカの調教師」、大後寿々花は「バレリーナ」、とそれぞれ答えていって、深津の番になると、彼女はちょっと困った表情でこう答えた。「私は特に子供の頃、何になりたいってのがあまりなかったので……、とにかく大人になりたいとずっと思ってた記憶があったので、それを書いてしまいました」 どうやら単に「大人になりたい」と書いたようなのだが、オレンジの紙にオレンジのペンで書かれていたので見づらくて……マスコミ陣は苦笑い。

西原理恵子の夢は、「絵描きさん」ということで、無事夢が叶ったようだ。また、福士誠治は「野球選手になりたかったのですが、高校野球で坊主になるのがいやで辞めました」と告白。森岡利行監督は「漫画家になりたかった」と言っていた。

この各自書いた紙が入れられたタイムカプセルは、渋谷シネクイント他、全国で順次展示予定とか。

最後に、深津絵里は、映画を力強くアピール。「映画をしっかり観ていただけるといいなと。まっすぐな気持ちで作った作品なので、それがみなさんに伝わるといいなと思います」

映画化にあたって森岡監督は、大人が子供時代を振り返る『スタンド・バイ・ミー』(86)の路線を目指したというが、実に納得。深津の言うように、映画を観れば心の奥で眠っていた何かを刺激され、心地よい感動に包まれるはず。男女問わず、ぜひ大切な人と観たい1本としておすすめしたい。【MovieWalker/山崎伸子】

キーワード

[PR] おすすめ情報