目のかゆみ&のどの痛みに 「ナスとセロリのキャビア風」

熱をもったような目のかゆみ、のどの痛みに
  • 熱をもったような目のかゆみ、のどの痛みに

スギ花粉シーズンもまもなく終了! でも、ヒノキ花粉やイネ科花粉などアレルギーの原因となる花粉の飛散が続々と始まるため、引きつづきツラい症状に悩まされる人も多いのではないでしょうか? 長期間花粉症になっている人によくみられるのが、熱をもったような目のかゆみ・充血、のどの痛み。これらのひどい花粉症には、体をクールダウンさせる「ナスとセロリのキャビア風」がオススメ。中でもセロリは、目のかゆみの原因となる臓器「肝(かん)」の熱を抑え、症状をやわらげてくれるのです。

ナス本来のおいしさを味わえるヘルシーメニューなので、ドレッシングにして「アスパラガスのサラダ」、ソースに使って「ナスキャビアのペンネ」など、自分好みのアレンジをしてみて。

【薬膳ポイント】ナス+セロリが症状を引き起こす熱を抑える/つらい目の症状をセロリが解消/花粉症のイライラにも

【保存】あら熱をとって保存容器に。冷蔵庫で4〜5日

【材料】ナス:4本 セロリ:1/4本 オリーブオイル:大さじ2 塩:小さじ1 レモン汁:小さじ1

【作り方】1)ナスはヘタの周りにくるりと切りめを入れ、トースターで皮が真っ黒になるまで焼く。焼けたらフォークで皮をむき、包丁でみじん切りにする。セロリは包丁でみじん切りにする。2)鍋を熱してオリーブオイルを入れ、ナスとセロリを加えて炒める。3)ナスがねっとりとしてきたら火を止め、塩とレモン汁を加えて味をととのえる。

【早乙女孝子×シュシュ 4/23発売号 連載「簡単ストックおかず」第3回より転載】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報