ニコンCMキャラクター小栗旬が愛娘の手の写真を公開

ニコンのプレスイベントに出席した小栗旬
  • ニコンのプレスイベントに出席した小栗旬

ニコンのプレスイベントが1月14日に都内で行われ、新CMキャラクターに就任した小栗旬が出席。イベントでは、新製品「ニコン D5500」や2月5日(木)から全国でオンエアされる新CM「これがウチの一眼レフ」篇が披露された。

新CMでは小栗が、CMとしては初の父親役に挑戦。カメラ「ニコン D5500」を手にした小栗が、元気に自由気ままに動き回る子供たちのかわいらしい表情をすかさず撮影するというもの。

CM撮影で小栗は実際に「ニコン D5500」を使用している。「サイズの割には軽いし、撮影するものと奥行きのバランスが良く、きれいに撮ることができます。一眼レフ(カメラ)で、タッチするだけでシャッターが切れてすごいと思いました」と感想を語った。

また、イベント中、小栗はプライベートで撮影したという2枚の写真を公開した。1枚目は小栗と娘の手が写ったもの。「僕は末っ子で、お兄ちゃんの写真はいっぱいあるけど、自分の写真はあまりないので、娘の写真は撮っておきたい」と父親らしいコメントを。もう1枚は娘の“お食い初めの”写真で、妻の山田優が手作りしたという料理が披露された。

最後に、「このカメラは見た目に比べて持ちやすいし、こういうカメラじゃないと撮れない1枚もあると思います。子供と遊びながらでも撮れるから、面白そう。こういうカメラを持っているお父さんはカッコイイと思います!」と「ニコン D5500」アピールした。

「ニコン D5500」新CM「これがウチの一眼レフ」篇(15・30秒)
2月5日(木)より全国でオンエア

キーワード

[PR] おすすめ情報