新しく生まれ変わったミーナ天神へ、GO!

渡辺通りと昭和通りの交差点にそびえたつ「ミーナ天神」
  • 渡辺通りと昭和通りの交差点にそびえたつ「ミーナ天神」

天神北のファッション発信スポット、ミーナ天神が4/24(金)に、大幅に店舗を入れ替えてリニューアルOPENした。25〜30歳の働く女性をメインターゲットに、バリエーションに富んだラインナップ構成がウリで、九州初上陸や、天神初出店など話題性もバッチリだ。そこで、早速、オープン間もない現場へ行ってきました。

まず1階には、新しく4店舗が仲間入り。プチプライスなのに、個性的なアイテムがそろう実力派ばかりだ。注目したいのは、若い女性を中心に圧倒的な支持を集める「レプシィム ローリーズファーム」。旬を取り入れたナチュラルテイストのオリジナル商品が手ごろな価格で手に入る。もう一つは、ユナイテッドアローズグループが、昨年秋に立ち上げたカジュアルの新ライン「coen(コーエン)」。九州初となるこの店舗は、リーズナブルな価格帯と、シンプルなデザインが特徴で、オンでもオフで自由に着こなせるスタイル。

2階は、女性らしいアイテムを得意とするラインナップ。フレンチカジュアルで人気の高い“NIMES”を扱う「プレデフランセ」、大人のナチュラルスタイルを提案する「ハグハグ」、クラシカルでフェミニンなアイテムがそろう「アクシーズファム」など、感度の高いブランドが並ぶ。

エスカレーター横の中央スペースには、ハイセンスなメガネが手に入る「T.G.C.」が店を構え、ひときわ華やかな雰囲気を醸している。フレーム、レンズ、ケースをセットで販売し、4200円、6300円、8400円の3プライスで展開。フレームは色、素材、デザインが豊富にそろい、約1000種類以上から好みをチョイスできるのがスゴイ。

2階の一角には、西新で人気のパティスリー「ストロベリーフィールズアクト5」が天神エリア初進出。買物の合間に絶品スイーツでひと休みするのにピッタリだ。

3階より上は、ワンフロアで構成された大型店舗が一挙にオープン。シンプルで飽きのこないデザインで多くのファンをもつ「無印良品」をはじめ、280坪の売り場面積を誇り、九州初となる大きいサイズを扱う“Size Max”を併設したスーツ専門店「AOKI」、メンズ、レディス、キッズからベビー、ホーム用品まで充実の品ぞろえが魅力の「ユニクロ」(3月先行オープン) 、九州最大級の手芸専門店「ユザワヤ」(既存店)など、普段使いできる店が入居する。

このほかにも、8階には、555円〜という驚きプライスで体験できるエステ「クリニカルエステイーズ」をはじめ、好みの洋服が作れる「佐藤貴美枝ニットソーイングクラブ」など女を磨くビューティゾーンへと様変わり。ちなみに、屋上はフットサルコートになっており、天神のど真ん中で汗を流すこともできる。

装いも新たにリフレッシュした天神北のランドマーク・ミーナ天神。仕事帰りに、休日の買物に、ますます便利さがアップした。

【九州ウォーカー/飯尾 賢】

住所:福岡市中央区天神4−3−8
電話:092・713・3711
営業時間:10:00〜20:00(一部店舗をのぞく)

キーワード

[PR] おすすめ情報