デカ目に見せる、しめ色アイシャドウの秘密

目を開けて塗って、色の見え方を確認!しめ色を塗った最後にもうひと手間。しめ色は目を開けたときにちょっと見えないと意味がないので、目を開けて目尻部分の色の見え方を調整して。これだけで、ぐんと仕上がりに差がでます!
  • 目を開けて塗って、色の見え方を確認!しめ色を塗った最後にもうひと手間。しめ色は目を開けたときにちょっと見えないと意味がないので、目を開けて目尻部分の色の見え方を調整して。これだけで、ぐんと仕上がりに差がでます!

骨筋メイクとは、表面の顔立ちだけでなく、その奥の骨格や筋肉を知ることで、本当に自分に似合うメイクがわかるメイク法のこと。なんかメイクが似合わない…と言う人は、一度試してみる価値あり!

今回は、アイシャドウの濃い「しめ色」です。しめ色は目のフレームを強調し、目の立体感をつくるのが役割。黒目を強調したり、目幅の印象を自由に変えることも可能で、特に一重や奥二重の人には欠かせない大切なプロセスです。

基本は簡単。目のキワにぼかしながら濃いブラウンやグレーなどの色をいれていくだけ。このとき、まつ毛のキワぎりぎりに入れるように意識してください。でも、ここでありがちなのが、目を開けたときに隠れてしまって全然見えない…というミス。しめ色は、見えなければ意味がないので、「二重の幅」までしっかりとぼかしてグラデーションをつけることが大事です。

特に一重や奥二重の人は、色がまぶたのかぶりの中に入りこんでしまうことがあるので、思っているより、かなり太めに入れてみて。目を際立たせることで、はれぼったさが回避できますよ。

最後に、もっと美人に見えるしめ色の選び方も伝授。実は黒だときつすぎてしまうので、茶色やカーキなどのちょっとソフトな色が日本人にはおすすめなんですよ。動画で塗り方も分かりやすくチェックできるので、しめ色の塗り方をしっかりマスターしてください。【雑誌『シュシュ』でも「骨筋メイク」好評連載中/シュシュ編集部】

動画で見ると、「しめ色シャドウ」の基本の塗り方が簡単にわかります。
YouTubeでチェック! 「シュシュ 骨筋」で検索してね
http://www.youtube.com/

キーワード

[PR] おすすめ情報