ネコ派女子とイヌ派女子、結婚しているのはイヌ派が多い!

だからといって、ネコ好きはやめられません!
  • だからといって、ネコ好きはやめられません!

「イヌ好きの女性」と「ネコ好きの女性」の結婚率をアラサー女性312名によるアンケートで調べてみました。すると、「イヌ好きの女性」は結婚している率が54・8%、「ネコ好きの女性」は41・6%…微妙ですが、イヌ派の勝利! イヌ派のほうが結婚しています。

イヌが縁での結婚といえば、思い出すのがアラフォー女優のいとうまい子さん(44)。5歳年下の会社員と結婚しましたが、縁結びは飼いイヌ。ご主人はイヌの散歩で知り合ったイヌ仲間でした。私の知り合いも、縁を求めて有栖川宮記念公園にイヌの散歩に。「どうして飼い主が独身ってわかるの?」と聞くと「お母さんとイヌ連れで来る麻布あたりのお坊ちゃまが多い」とのこと。

なるほどね…イヌと一緒にもれなくお姑さんもついてくるわけですが、悪くない戦略です。「いぬのきもち」編集部(ベネッセ)によると、「イヌはお散歩に連れていくので、散歩で知り合った人との交流もある。イヌの飼い主さんは社交的です」という。最近はペットショップが主催する、「ペット合コン」もあるとか。イヌ派はアウトドア派。婚活には「外出好き」のほうが強い法則が働いています。

対してアンケートから、ネコ派の性格を分析してみると、ネコ派独身女子は3人にひとりが子供を欲しくない。さらにネコ派女子はイヌ派女子よりもひとり暮らしが多く、不倫経験がある人が多い…という結果に。ちなみに、イヌの知能はちょうど3歳児と一緒で、永遠の3歳児なのだそう。イヌを飼う人はやっぱり子供好きで、いつかは自分の子供も欲しいと思っているのでしょう。一方ネコ派は、もっと自由な感じがアンケート結果から漂います。

私もネコ飼いなのでよくわかりますが、ネコは子供の代わりというよりも、気ままな同居人。かまってほしいとき、おなかがすいたとき、自分の都合のいいときにだけやってくるけれど、べたべたしない距離感がちょうどいい。そういったクールな同居人を求める人はネコ派なのだと思います。そして、同じくアンケートから分かったことは、ネコ派は「結婚願望」自体が薄い。「結婚しなくてもいい」と考える人はイヌ派11%、ネコ派21・2%で、約2倍違います。

でも、ネコ派で結婚したい人はどうしたらいいのでしょう? そこで、ネコ派どうしで、既婚者と未婚者、何が違うか比較しました。ここで差が出たのが、結婚相手に希望する年収。「こだわらない」という人が、未婚では7・6%しかいないのに、既婚では43・9%と半数近く(ここでは既婚者には、結婚前のことを聞いています)。あなたが自由を愛するネコ派なら、相手の年収にまではこだわらない、というスタンスのほうが結婚が近いようです。

さらにネコ派からイヌを飼うことで、長年同棲中のカレシと結婚した例がエッセイスト・世木みやびさん(「キューピッドは犬でした」朝日新聞出版)。恋愛至上主義で結婚に踏みきれないアラフォー女性が、イヌによって母性に目覚めたことがきっかけでゴールイン! イヌはやっぱり縁結びの神様かもしれません。【雑誌『シュシュ』でも「アラサーの婚活」好評連載中/白河桃子】

白河桃子:ジャーナリスト。社会事情と結婚についてさまざまな媒体で執筆。近著は「結婚氷河期をのりきる本!」(メディアファクトリー)
※注釈のないアンケートデータはシュシュ編集部調べです

キーワード

[PR] おすすめ情報