篠田麻里子が“猫付きシェアハウス”の実態を調査!

篠田麻里子(右)の愛犬・ムッシュと戯れる関根勤(左)
  • 篠田麻里子(右)の愛犬・ムッシュと戯れる関根勤(左)

2月8日(日)に放送される「ペットの王国 ワンだランド」(テレビ朝日系)で、篠田麻里子が東京・杉並区にある猫付きシェアハウスに潜入する。

篠田は、マンションの一室をシェアハウスにして、3人の女性と5匹の猫が共同生活をしている部屋を訪ねる。室内には、人用のドアが閉まっていても猫が24時間自由に行き来できる「猫専用ドア」が各部屋に付いており、猫と楽しく暮らせる工夫に篠田も驚く。'14年9月の募集後、問い合わせが殺到しているという「猫付きシェアハウス」の全容に迫る。

さらに、ミニチュアダックスフントが住む小型犬の愛犬家住宅を紹介する。愛知県在住の建築家・都築誠さんと妻の順子さんは「大切な家族の一員なので、人も愛犬も健康になって毎日楽しく過ごせる家を造りたかった」と語る。元は狩猟犬で胴が長い特性を持つミニチュアダックスフントの健康を考えて建築された家の4つのこだわりを解説する。

「ペットの王国 ワンだランド」
毎週日曜朝9:30-10:10
テレビ朝日系で放送

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報