声優に初挑戦のさまぁ〜ず、ムーミンの裸に突っ込み!

さまぁ〜ずがムーミンに突っ込み!
  • さまぁ〜ずがムーミンに突っ込み!

『劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス』(2月13日公開)のプレミア試写会が2月3日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、本作で声優デビューを果たしたお笑いコンビ・さまぁ~ず(大竹一樹、三村マサカズ)とグザヴィエ・ピカルド監督が出席。ムーミンも登場し、さまぁ〜ずと息の合ったコンビネーションを見せて会場を盛り上げた。

本作は、世界中で人気を博すムーミンの母国フィンランドにて初めて製作された長編映画。バカンスで地中海の町へとやってきたムーミン一家がいろいろな騒動に巻き込まれながら、一番の幸せを見つける姿を描く。ピカルド監督は、「日本は大好きな国。日本のアニメを見て育ち、キャリアを積んできました」と挨拶。「今回は大人も子どもも楽しめるムーミンを、映画で見てほしい」と自信作をアピールした。

声優に初挑戦したさまぁ~ず。大竹は「我々でいいんですかと思って」、三村も「話を聞いて、その場でやろうと即決した」とムーミン映画への参加に大喜び。ピカルド監督は、「二人が演じたのは重要な人物。声も素敵、ユーモアもあって、1000回ありがとうと言いたい。これ一回で終わるのはもったいない。声優を続けていったらいいんじゃないかな」とさまぁ~ずの演技を大絶賛。続けて「コメディアンをやめて、声優に転職されるそうですから、彼らが見られるのはこれで最後ですよ」と呼びかけ、会場の笑いを誘っていた。

また大竹が「謎のままのことがある」と気になるシーンがあることを告白。「僕には、ムーミンもムーミンの恋人のフローレンも裸で歩いているように見えるんです。このように」とムーミンの方をチラリ。「フローレンが黒いビキニをつけるシーンがあって、そこでムーミンが『それじゃあ、裸みたいじゃないか』っていう。水着をつける前はムーミンにはどう見えているんだって!」と突っ込むと、ピカルド監督も大爆笑。「あれはユーモア、ジョークなんだよ」と笑いを堪えるように、その意図を明かしていた。【取材・文/成田おり枝】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報