“ビバヒルチワワ”顔負け!?セレブ犬ファッションショー開催

セレブ犬の冒険を描く『ビバリーヒルズ・チワワ』は5月1日(金)公開
  • セレブ犬の冒険を描く『ビバリーヒルズ・チワワ』は5月1日(金)公開

5月1日(金)より公開されるディズニー映画『ビバリーヒルズ・チワワ』の公開を記念し、先頃“NAGOYA DOGS COLLECTION 2009”が名古屋栄にある松坂屋ホールで行われた。

映画は、優雅なセレブ・ライフを送るビバリーヒルズ育ちのチワワ・クロエが、旅先のメキシコで誘拐されたことをきっかけに、デンジャラスな冒険を繰り広げながら、野生の勘を取り戻してゆくというストーリー。

劇中でも、ハリー・ウィンストンの特注ダイヤモンドが付いた首輪をするクロエが、ショーのごとくセレブ・ファッションに着替えるシーンが登場する。

会場は、名古屋セレブの聖地(?)松坂屋ホールだけに、熱気もムンムン。そんな中“セレブ”をテーマに、地元の専門学生たちが作った衣装に身をくるんだセレブ犬たちが登場。会場から「カワイイ!」の声が飛び交う中、芸能犬顔負けの表情で、観客らにアピールしていた。

今回の衣装を手掛けた地元の専門学生は、トリマーの卵たち。そんな彼女たちを激励するため、ショーの数日前には、日本語吹替版でクロエのセレブ友達に扮した森三中が、特別講師として衣装作りの授業を訪問。ワンちゃんの吹替は初だったという3人は「北関東なまりのイントネーションを直すのに苦労した」と明かすなど、学生との交流を楽しんだ様子だった。

自身も黒パグを飼っているという村上(ヨークシャテリアのビミニ役)が「犬たちの演技がリアル。口もCGで動かしているから人間が喋ってるみたいで、吹替しながら楽しんでました」と明かすと、大島や黒沢も口々に「癒されたぁ」と犬たちの活躍にメロメロだった様子。大型犬から小型犬まで200頭を越える犬が登場するのでお楽しみに。

ドレスやお靴は一点モノ。“彼氏”にするにはあくまで「血統書付き!」と言い放つクロエのセレブ・ライフはもちろん、お嬢なセレブが、野良犬扱いされながらも、自身のルーツと向き合い目覚めてゆく姿にキュンとくる1作。彼女のことを一途に思う、雑種のチワワ・パピの活躍も期待して!【MovieWalker/大西愛】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報