B・カンバーバッチ、実は別の名字にしたかった!?

カンバーバッチはミドルネームである“カールトン”を名乗って仕事をしようとしていたという
  • カンバーバッチはミドルネームである“カールトン”を名乗って仕事をしようとしていたという

ベネディクト・カンバーバッチは、自分の名字が俳優としてのキャリアのマイナスになると思ったそうで、仕事ではミドルネームのカールトンを名字の代わりに使おうと思っていたらしい。

「僕は最初、ベネディクト・カールトンと名乗っていた。それは僕のミドルネームで、祖父の名前でもあるんだけど。“カンバーバッチ”というのは、風呂の中でするオナラのような響きだからね」

「英国人の英語のアクセントで発音すると、よけいそういう風に聞こえる。でも、エージェントは僕より先見の明があったみたいで、いい名前だと思ったみたいなんだ」と英紙エクスプレスに語っている。

今ではカンバーバッチのファンが自分たちのことを“カンバービッチ”と称するなど、彼がほかの名前で呼ばれている状況は想像できないが、「人々は僕の名前を面白いと思うから、ずっとネタにされ続けている」と本人は話している。

カンバーバッチはバレンタインデーに英国のワイト島でソフィー・ハンターと結婚したばかりで、新郎と新婦が披露宴でダンスした最初の曲はフランク・シナトラの「マイ・ファニー・バレンタイン」だったそうだ。

ソフィーはすでに第一子を妊娠中なので、カンバーバッチはもうすぐパパになるが、生まれてくる子どももカンバーバッチの姓を名乗るのかと質問されると、「かわいそうな子どもだ。そういうことになると思うよ。家族の伝統だからね」と答えている。【UK在住/ブレイディみかこ】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報