ドコモLTEが1.5倍に高速化「PREMIUM 4G」登場

国内最速225Mbpsの通信サービスを実現する「PREMIUM 4G」は、3月27日からスタート予定
  • 国内最速225Mbpsの通信サービスを実現する「PREMIUM 4G」は、3月27日からスタート予定

NTTドコモは2月25日(水)、LTE-Advancedを使用した高速通信サービス「PREMIUM 4G」を3月27日(金)から開始すると発表した。

LTE-Advancedは、LTEのさらなる高速化・大容量化を実現した通信方式。

複数の周波数帯を束ねるキャリアアグリゲーション技術により、国内最速の通信サービスを実現。現在の最大受信時150Mbpsから1.5倍となる225Mbpsへと速度を上げる。さらに、2015年度内には、300Mbpsまで高速化を進めるという。

また、通信容量を拡大する新技術「高度化C-RAN」も導入。これにより、通信トラフィックが集中するエリアでも、多くのユーザーが同時に高速通信できる環境が可能となる。

対応エリアは、全国22都道府県、38の都市部。2015年度には全国主要都市へと順次拡大する。

サービス開始時の対応機種は、モバイルWi-Fiルーターの「Wi-Fi STATION HW-02G」と「Wi-Fi STATION L-01G」の2機種。スマートフォンへの対応は、2015年度の早い段階を予定している。

なお、関西では2月26日(木)から3月末まで、大阪・梅田のドコモショップグランフロント大阪で体験コーナーを常設する。【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報