ももクロ高城れにが黒木華に失言!メンバーの反応は?

『幕が上がる』で主演を務めたももいろクローバーZ
  • 『幕が上がる』で主演を務めたももいろクローバーZ

劇作家で演出家の平田オリザの原作×『踊る大捜査線』シリーズの本広克行監督の青春映画『幕が上がる』(2月28日公開)で、高校演劇部員になりきったももいろクローバーZの5人。スクリーンには、アイドルではなく、いろんな思いに心を揺らす5人の女子高生の姿があった。

百田夏菜子、玉井詩織、高城れに、有安杏果、佐々木彩夏の5人が、本作で本格的に、映画女優として開眼。この現場で彼女たちは何を得たのか?ももクロの5人にインタビューを敢行した。

ももクロのメンバーが演じるのは、ごく平凡な高校演劇部の部員たち。ところが新任の女性教師(黒木華)が演劇部の顧問になったことを機に、全国大会を目指して奮闘することとなる。百田たちは、黒木華と共演し、とても感激したという。

「最初に黒木さんに『お願いします』と言って、見つめ合うシーンがありました。それで1回目に見つめ合った瞬間に大きいハチがぶーんって飛んてきて、カットになってしまって。もう一回やりましょうとなった時、初めて、黒木さんとちゃんとお話できました。ハチのおかげでちょっと近づけたので、あのハチには感謝してます」という百田。「黒木さんと演技をしていて、自分でも感じたことのない感情を引き出されました。ああ、女優さんってこういう感じなのかと。それは初めての感覚だったので、すごくびっくりしました」。

高城は「最初は“ザ・女優さん”っていう感じで、お高い人なのかなと思っていたんですが、話しかけたら、すごく気さくな人で感動しました。でも、私、失態をやってしまって」と告白。

百田たちが「何をしたの?」と聞くと、高城は「私は、黒木さんが、蒼井優さんに似てるなと思っていたんです。いま思えばかなり失礼なことを言ったと思うんですけど、それを言ってしまって。黒木さんは『うん。言われる、言われる』と、すごい笑顔で返してくださって」と苦笑い。百田が「失態だよ!あ、その時、いたわ」と言うと、有安も「いたいた」と思い出したようにつぶやく。高城は「すごく優しい方で良かったなと」と、安心したような表情を見せた。

玉井は、劇中で黒木演じる先生が激昂するシーンに度肝を抜かれたそうだ。「夢のなかのシーンで『そうじゃないでしょ!』って灰皿をバーンって投げるシーンは衝撃的でした。黒木さんから、あんな怒鳴り声が出てくるっていうのが想像がつかなくて。やっぱり女優さんって、スイッチが入るとすごいんだなと。また、元々高校演劇をやられていたから声の響きとか、声の出し方がすごくて。お腹から出しているってこういうことかと改めて女優さんてすごいなと思いました」。

佐々木も黒木のコミカルな演技を見て感激したと言う。「『ロミジュリ』で志賀廣太郎と黒木さんといっしょにやるシーンがすごく面白くて。コメディも演技も面白いし、怖い演技もできるし、本当に幅広くてすごいなと。本当の黒木さんは一体どれだろうと思いました」。有安も、黒木と共演できたことはもちろん、黒木の出演シーンを見ただけでとても心を揺さぶられた。「最初に5人が主演と聞いて、大丈夫かなと思ったのですが、そのあと、出演者がいろいろと発表されて、黒木さんが出演してくださるってことで、安心しました。私は1対1で絡むシーンはなかったのですが、試写で見た時、黒木さんのシーンは安心感が違う。本物の女優さんってすごいなって思いました」。

また、佐々木はムロツヨシのアドリブ力にも感動したと言う。「台本に書いてないことをされる。本広さんとムロさんの信頼関係はすごかった。すごく面白くて、個性がありました」というと全員が同意。

また、有安は「前からSMAPさんや嵐さんみたいになりたいというのが、私たちの目標のひとつにありますが、そういう意味では、SMAPさんたちはおひとりずつドラマや映画にも出ていらっしゃたりするので、今回の映画は、その第一歩の踏み台に」と言いかけると「踏み台!?」と全員がブーイング。有安は慌てて「踏み台じゃなくて、きっかけになるんじゃないかなって」と言い直す。百田は「有安さん、うちらを踏み台にする」と大笑い。いつもながらメンバーの合いの手の入り方が絶妙だ。

百田は、最後に映画と、この後に控える舞台についてもアピール。「舞台に関しては、平田さんがすごくハードルを上げているという噂を耳にしています。まだ情報は何も入ってきてないんですが、平田さんと本広さんは最強のタッグだと思うので、しっかりとしがみついてついていけるように頑張りたいです」。

また、高城は「ももいろクローバーZが主演の映画なんですが、みんなが知っている、ももいろクローバーZじゃないよってものを見せたいし、もっともっとももクロに興味をもってもらいたい。Wで応援してほしいので、ひとり2回は見てください」としっかり宣言した。

気合十分に臨んだももクロの勝負作『幕が上がる』。スクリーンのなかでは、青春ならではのきらめきが映し出されていて、見終わった後に胸が熱くなる。ももクロの女優としての「幕が上がる」瞬間を見届けて!【取材・文/山崎伸子】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報