あの特撮ヒロインがセクシーなゴスロリ魔女のコスプレで映画をPR

魔女っ子コスプレにご満悦の杉本有美
  • 魔女っ子コスプレにご満悦の杉本有美

現在公開中の『サスペリア・テルザ 最後の魔女』は、現代に甦った魔女によって引き起こされる恐怖を描いたホラー映画だ。シアターN渋谷で実施された初日舞台挨拶には、本編の恐ろしい魔女とは打って変わり、セクシーな“ゴスロリ魔女っ子”が登場した。

黒のマントに紫のスカート、露出していながらもシックな衣装に身を包んで現れたのは、特撮番組「炎神戦隊ゴーオンジャー」のヒロイン役でブレイクしたグラビアアイドルの杉本有美。そのセクシーな姿に会場は大いに盛り上がった。

「出だしから怖くて、目を瞑ってしまいたくなるようなシーンの連続なんですけど、映像や音楽がすごく素敵な作品なので、そこに注目して観てもらえるとうれしいです」と、映画の見どころを語ってくれた。

また衣装について聞かれると「昔から魔女に憧れていたので、こういうコスプレができてうれしいです。ホラー映画は苦手だけど、今回の魔女みたいに、主人公を追い掛け回す悪役だったらチャレンジしてみたいですね」と、ホラー映画への出演意欲も覗かせる場面も。

最後は「これからは演技の勉強も兼ねて、ちょっと怖いけど、ホラー映画もたくさん観ようと思います」と締めくくり、かわいく映画をPRした。【ワークス・エム・ブロス】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報