斎藤工が初の映画ナレーションに挑戦!

初の映画ナレーションに挑む斎藤工
  • 初の映画ナレーションに挑む斎藤工

BBCアース製作の新感覚ネイチャー・ドキュメンタリー映画『小さな世界はワンダーランド』が5月9日(土)より公開される。本作の日本語ナレーションに、大人気俳優・斎藤工が決定した。

本作は、大ヒットを記録した『アース』(08)『ライフ いのちをつなぐ物語』(11)『ネイチャー』(14)などで驚きの大自然を映し出した、世界最高峰のネイチャー・ドキュメンタリーブランドBBCアースが、ピクサー・スタジオとタッグを組んで生み出した新ジャンル“ドラマチック・ドキュメンタリー”の第1弾だ。

これまでのBBC製作のネイチャー・ドキュメンタリーの日本語ナレーターは、渡辺謙(『アース』)、松本幸四郎・松たか子親子(『ライフ』)、滝川クリステル(『ネイチャー』)が務め、BBC以外でも宮沢りえ(『オーシャンズ』)、宮崎あおい(『ディズニーネイチャー』)、三谷幸喜(『ミーアキャット』)など、実力と人気を兼ね備えた面々が名を連ね、大きな話題を呼んできた。

そして今回日本語ナレーションを務める斎藤は、ドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」で不倫する高校教師を演じて大ブレイクを果たし、2014年最もビューティな人を表彰する「THE BEAUTY OF YEAR」を受賞するなど、絶大な人気を誇る。

俳優として多くの作品に出演し、高い演技力を披露するかたわら、『半分ノ世界』『バランサー』(ともに14)など独創的な作品を手掛ける映画監督としても評価を得ている。人気・実力・話題性と三拍子揃ったうえに、その甘く深い声色が、本作で描かれるファンタジーの世界をより一層深める。

「私はBBCがこれまで描いてきたネイチャー・ドキュメンタリー映画の大ファンで、特に多くの生物を観察し、描くということだけでなく、そこに感情移入ができるように描かれているということが好きだったのですが、この作品は加えて、見ていてドキュメンタリーなのか、フィクションなのか境界線が判らなくなってしまい驚きました」

「何より上映時間は44分の中に、2匹の小さい生き物の巣立ち、自立ということが描かれ、究極のファンタジーの要素もリアリティの要素もあります。子どもから大人まで楽しんで、この成長を劇場で疑似体験してほしいと思います」と斎藤は語る。

さらに、「これまでナレーションを務められた方々と比較をされてしまうと、とても恐縮してしまうのですが、今回はその皆さんに並ぶという意識ではなく、今回オファーをいただいたことはとても嬉しいので、プレッシャーもありますが、よりこの世界に誘えるように自分の特徴や特色を活かしていきたいと思っています」とコメントしている。

BBCアースとピクサー・スタジオが贈る、まるでおとぎ話のような映像とハートウォーミングなストーリーを掛け合わせた『小さな世界はワンダーランド』。そこに加わる斎藤の魅惑の声に誘われて、大自然のなかを冒険したい。【Movie Walker】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報