歌姫MISIA、初のアジア・ツアーを台湾からスタート!

MISIAの歌声に台湾の観客もすっかり引き込まれていた…
  • MISIAの歌声に台湾の観客もすっかり引き込まれていた…

8/30に日本を含むアジア各国一斉配信となるデジタル・シングル「Catch theRainbow」をリリースした歌姫MISIAが8/30に台湾の台北市にある台北世界貿易中心南港展覧館(TWTC Nangang Exhibition Hall)にて、ライブを開催。この日のライブよりMISIA初となるアジア・ロングツアー「OCN Presents THE TOUR OF MISIA DISCOTHEQUE ASIA」を遂にスタートさせた。昨年も初の海外公演を同じ台湾で行ない、大成功を収めた彼女だが、悲願のアジア・ツアーの初日を飾ったことしはさらに会場の規模も拡大し、当日は約10000人のファンが駆けつけた。

ライブでは男性ダンサー7人とバンドを引き連れたMISIAは、その歌声のみならずアクティヴなダンス・パフォーマンスも披露。パワフルでカラフルなステージングに観客もすっかり引き込まれていたとのこと。また約2時間半に及ぶステージの中で彼女は、台湾でも大ヒットした「Everything」や「そばにいて...」等のバラードを披露したり、MCのほとんどを中国語でこなしたり、楽曲の一部を中国語で歌ったりとファンを常に歓喜させるサプライズを用意。それに応えるかのように、台湾公演は熱気を帯びたまま幕を閉じた。

日本の歌姫からアジアの歌姫へ! そんな手応えを感じたアジア・ツアー初日の台湾公演だったが、今後もシンガポール、ソウル、香港、上海と5都市での海外公演が控えており、その後も東京・大阪・名古屋でファンクラブ等のメンバー限定ライブハウス公演、アリーナ・ツアーを予定している。全13都市25公演、約25万人を動員する大規模なMISIA初のアジア・ツアーは'09年まで続く予定だ。

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報