マールボロが大幅リニューアル!見た目も味わいも進化

「Marlboro(マールボロ)」の全商品が一斉にリニューアル
  • 「Marlboro(マールボロ)」の全商品が一斉にリニューアル

たばこメーカー、フィリップモリスのブランド「Marlboro(マールボロ)」。その新展開発表イベントが、3月9日(月)に都内で開催された。

Marlboroのグローバルキャンペーン「Be>Marlboro(ビー・マールボロ)」は、2010年よりスタート。日本においては2014年から本格始動したキャンペーンである。

「リーダーシップ」「自由」「自信」「男らしさ」といったワードから形作られたブランドイメージを、メッセージに込めて発信する催しで、一連の活動を通して、ブランドの認知度を上げていくのが狙いだ。

その結果、成人喫煙者のMarlboroの購入意欲が飛躍的に伸びる結果につながったそうだ。

日本での展開を見てみると、2014年には「いつだって決断こそが、キミの人生を切り開いていく」というメッセージを掲げ、ことわざをアレンジした広告ビジュアルを展開。

さらに、キャンペーンのコンセプトである「常識を覆すか。常識に従うか。今動くか。一生動かないか。未来の選択肢にMAYBEはない。自分を信じろ。未来を決められるのは、自分だけだ」の一文字ずつをプリントしたTシャツも製作。

Tシャツを着た成人喫煙者をずらりと並べてムービーを作成し、大きな話題を集めた。

2015年は、ブランド全商品のパッケージを変更するキャンペーンを展開。それに合わせて、今回の発表イベントが開催されたというわけだ。

主な変更点は二つあり、パッケージに関しては、よりシンプルなデザインへと変更された。色合いだけでなく、手触りもソフトな仕上がりになっている。

また、たばこのフィルター部分も、新開発の「ファームフィルター」に変更。一口目から最後まで一貫した味わいを実現しており、これまで以上の満足感が得られる。

これらのリニューアルと同時に、グローバルプロモーション「CROSS OVER(クロスオーバー)」についても発表された。

4月以降、雑誌広告やオンライン広告などでキャンペーンを告知。今夏、キャンペーン当選者は「カリフォルニア」「カナダ」「アラスカ」のいずれかの地で、一生に一度の“貴重な体験”を味わえる。

詳細は、4月13日(月)に公開される成人喫煙者限定オフィシャルサイトに記載されるので、気になる人はチェックしてほしい。【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報