M・ダグラス、『ウォール街』続編に意欲?

どうしようかな
  • どうしようかな

マイケル・ダグラスが、ゴードン・ゲッコー役でアカデミー賞を主演男優賞を受賞した『ウォール街』(87)の続編出演に意欲を示していると報じられている。

オリバー・ストーン監督が手がけた同作の続編話は以前からあったようだが、「前作はNYのウォール街で巨万の富を得ようとする若き証券マンの話。この金儲け主義が、証券会社リーマン・ブラザーズの破産そしてアメリカを襲った景気後退の大きな要因とも言われており、まさにタイムリーな作品です」「このチャンスにとばかりに、スタジオ側はかなり高いギャラをダグラスに提示して出演オファーを続けているそうで、彼も重い腰を上げることになりそうです」と、関係者がナショナル・エンクワイラー誌に語っている。

ちなみに、若き証券マンを演じたチャーリー・シーンは続編の出演を断っているようだが、ギャラアップがあれば、考えを変えるかも?【NY在住/JUNKO】

キーワード

[PR] おすすめ情報