1か月の売上3000万!女性用“もこもこ”ルームウェアが人気

夏らしいボーダーも登場!モコモコニットボーダーパーカー(6930円)、ショートパンツ(4410円)/ジェラートピケ
  • 夏らしいボーダーも登場!モコモコニットボーダーパーカー(6930円)、ショートパンツ(4410円)/ジェラートピケ

消費低迷のなか、女性の“部屋着”が数字を伸ばしている。昨年の8月下旬に立ち上がったレディスルームウェアブランド「ジェラート・ピケ」はルミネ新宿店での3月の売上が約3000万円を超え、月坪売上げがトップクラスに。これはルームウェア専門店としては異例のことだという。そのほかラフォーレ原宿店でも約1300万円、自社サイトでのネット販売が約3500万円に達するなど快進撃を続けているのだ。

主力は“もこもこ”したニット素材のアイテム。「moco moco」と名づけられたシリーズは、スフレのように柔らかで肌ざわりのいい質感と、お菓子のような淡いカラーが発売当初から爆発的に大ヒット。ルームウェアブランドとして一気に知名度をあげた。

「コンセプトは“大人のデザート”。バリバリ働いた女性が、家に帰って気分がアガるようなルームウェアを提案しています」と話すのは同ブランドプレス。人気は淡いピンクやグリーン。パーカーやワンピースなどが人気だが、パーカーとショートパンツをセットで買う人も多いとか。春夏商品として、夏にも着られるもこもこ素材を開発。以前ものよりも吸水性がいい通称“夏moco”素材のパーカーなども新しく生み出した。

さらに、同店の魅力は“リーズナブル”であること。「外着が主食だとしたら、部屋着はデザート。価格もデザート価格にしたいと考え、うちでは1万円を超えるアイテムがないんです!」(同プレス)と話す通り、定番のmoco mocoパーカーが6930円、ショートパンツが4410円など、お手ごろ価格のアイテムがそろう。セット買いが多いのも納得だ。

レディスアパレルブランド「キスミス」でもルームウェアが好調、セカンドラインのルームウェアブランド「キスミス インマイルーム」が、立ち上げ当初から一気に注目を集めた。4/24にオープンしたばかりの「マルイ新宿 本館」にも初のルームウェア専門店を出店、多くの人がオープン初日に詰めかけた。

「ふわふわのパイル地を使ったモコモコパーカー&ショートパンツのセット(1万2600円)がダントツ人気ですね」(同ブランドプレス)と、ここでも柔らか素材が支持される結果に。カラーはパステルピンクや淡い黄色のエクリュなど、女の子らしい優しい色味が女性のツボをくすぐった。

「もこもこ素材の魅力は、さわると癒されるところ。かわいい見た目なので外出もOKです」と話すのはジェラート・ピケプレス。実際に、買ったパーカーを着て後日来店する人も多いそうだ。

癒し度バツグンの“もこもこルームウェア”が、厳しい環境に立ち向かう全ての女性の救世主になる日も近いかも。【東京ウォーカー】

キーワード

[PR] おすすめ情報