阪神・金本選手も母に贈る!“カラダに良い”お花とは

お母さんも癒されるお花
  • お母さんも癒されるお花

テレビで野球観戦している際などに、プロ野球選手が“ネックレス”を着用しているのをよくみかける。なんでもこれは「RAKUWAネック」(ファイテン)という名のネックレスらしい。特殊技術素材「アクアチタン」を使用し、肌に身につけることでリラックスし、気持ちを安定させる効果があるとか。

ファイテン契約選手である、“虎のアニキ”こと阪神タイガースの金本知憲選手をはじめ、今では世界中のアスリートに広がるこのネックレス。その素材「アクアチタン」を含んだラッピング紙で包まれた“母の日”用プレゼントフラワーが登場した。

それが「ファイテン」の「特別限定プリザーブドフラワー」(6800円)。“プリザーブドフラワー”とは、生花のまま特殊な液体につけて2〜3年は生きた状態が続く加工を施された花のことだ。

コーディネートは月刊誌「花時間」などで連載を持つフラワーアーティスト・青木恵さんが担当。バラ、カーネーション、アジサイなどで「情熱と元気&活力」の“レッド”と、「夢や若返り」の意味を持つ“ピンク”の2種類を揃えている。

ラッピング紙は枕の下などに敷き、使うこともできる。日々の生活に疲れたお母さんに感謝の意味を込めて、「癒しの効果がある」と教えると喜ばれるかもしれない。

ちなみに、阪神の金本選手もお母さんに贈ったというこのお花。トップアスリートも認めるリラックス効果を持つ花束でお母さんを喜ばせてみてはいかが?【東京ウォーカー】

「特別限定プリザーブドフラワー」HP
http://www.k-o-s.jp/special/phiten/

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報