映画

野沢雅子がハリウッドへ「人気を広めて来る!」

MovieWalker 2015年3月30日 20時06分 配信

すべての写真を見る(10件)
シリーズ最新作『ドラゴンボールZ 復活の「F」』(4月18日公開)の公開に先駆け、全国7か所で試写会が開催。3月30日に開催された東京会場での試写会に、声優の野沢雅子、中尾隆聖、予言魚役の声を務めた中川翔子が舞台挨拶に登壇した。

本日、本作のワールドプレミアが、ハリウッドの「エジプシャンシアター」で現地時間4月11日(土)に開催されることも告知された。

孫悟空役の野沢はハリウッド入りする予定で「行くんです。広めてこなければ。『ドラゴンボール』が世界中で愛されてるってことをね」と力強く宣言。中川も大興奮しながら「素晴らしいですね!全世界、何世代にもわたり、世界共通で『ドラゴンボール』が大好きということで、みんなが仲良くなれる!ラブ&ピースにしてくれている」とマシンガントークで語った。

野沢は最新作について「すごいって言葉をズラ~って並べるくらいすごいです。鳥山先生、本当にすごい」と言うと、フリーザ役の中尾も「アクションが本当にすごい。野沢さん、ますますフリーザが嫌いになるでしょ。すさまじい戦いです」と声を揃えた。

『ドラゴンボール』シリーズの熱狂的なファンである中川は、野沢と中尾に囲まれて、「信じられない!生ボイスですよ。生きていると、こういうミラクルが起きるんだなと」と終始ハイテンションだ。

中川はフリーザについても「ベストオブ愛されているでしょうでございます」と笑顔で言うと、中尾がフリーザの声で「では、僕の下で働いてみないか?」とラブコール。中川は興奮のあまりひざまずくという一幕もあった。【取材・文/山崎伸子】

ドラゴンボールZ 復活の「F」

2015年4月18日(土) 公開

原作者・鳥山明が自ら脚本を担当した劇場版19弾は、17年ぶりの劇場版として13年に公開された『ドラゴンボールZ 神と神』の続編。原作にも登場し、宇宙最...

おすすめ情報