GWで大人気!日本最大級のお化け屋敷とは

いつしか人形捨て場として知られるようになった朽ち果てた古い廃校が舞台
  • いつしか人形捨て場として知られるようになった朽ち果てた古い廃校が舞台

東海地区最大級の遊園地・ナガシマスパーランドに誕生した、日本最大級のホラー空間が話題となっている。

4/24(金)〜5/10(日)限定で誕生したのは「廃校の呪人形」と名づけられたホラーハウス。人形の呪いを浄化するため、お札を手に恐怖の廃校に乗り込むというストーリーなのだが、コレが実に“怖い”。

まず圧倒的なのは、ものすごい数の“お化け”。来場者に襲いかかるお化けの人数は日本の(ひょっとすると世界の)お化け屋敷史上でも最大級、というから半端ではない。襲い方のバリエーションも多彩で、まさに“最恐”の出来となっているようだ。

演者の数だけではなく、“人形”もとんでもない数だ。リアルなお菊人形や市松人形など日本の伝統人形から、西洋人形、マネキンまで、放置された人形は実に1000体以上。登場する人形たちは、善光寺 東海別院で供養してもらえるといい、そのあたりの“本気度”も本格派ならではだろう。

もうひとつ“臨場感あふれる演出”も怖さの秘密。映画会社の東映が全面的に演出。学校ならではの効果音やリアルな舞台装置が恐怖感をそそる。清め地蔵に入口近くでもらうお札をはれば、無事人形の呪いから解放されるが…、これらの巧みな演出も恐ろしさを底上げしている。

汗ばむ陽気の日さえあるこのゴールデン・ウィークに、恐怖体験しに出かけてみてはいかがでしょう?【東海ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報