威圧感がスゴい!山田孝之のチンピラ風ファッション

野心に燃えるスカウトマン秀吉を山田孝之が熱演!
  • 野心に燃えるスカウトマン秀吉を山田孝之が熱演!

ドキュメンタリーなのかフィクションなのか…世間をザワつかせた異色の深夜ドラマ「山田孝之の東京都北区赤羽」も好評だった山田孝之。

プライベートで仲が良く、同ドラマにも本人役で登場した綾野剛との再共演作『新宿スワン』(5月30日公開)では、山田がチンピラ風の装いで絶大な存在感を発揮している!

和久井健の大ヒットマンガを園子温監督が映画化した本作。山田が演じるのは、女性に声をかけて水商売を斡旋するスカウトマン・秀吉だ。

オールバックで耳にはピアス、濃いめの眉をきゅっと細く整え、ボタンを外したシャツの胸元からゴツめのネックレスがのぞく、少々ハードな出で立ち。

新宿・歌舞伎町という舞台も相まってか、チンピラのようなルックスで、綾野扮する金髪天パーの主人公・龍彦に負けず劣らずの存在感を放っている。

そんな秀吉から醸し出される凶暴性は、山田が過去に演じた『クローズZERO』(07)の芹沢や、『その夜の侍』(12)の木島を彷彿とさせる。

目をカッと見開き、不敵な笑みを浮かべ、ライバルの龍彦に「歌舞伎町で生きていくには優し過ぎる」と厳しい言葉を浴びせるなど、“ヒール”を嬉々として演じているのだ。

出演作が相次ぐ山田だが、4月26日(日)スタートの主演ドラマ「REPLAY&DESTROY」では日本一偉そうなフリーターというひとクセありげな役どころ。

さらに、缶コーヒーのCMではさまざまな働く男に扮してコミカルな演技を見せ、七変化どころか、八にも九にも十にも役の幅を広げている。

男臭くてギラギラした山田の一面を堪能できそうな『新宿スワン』では、彼の面目躍如となるか、新境地となるかは、ぜひその目で確かめてほしい。【トライワークス】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報