榮倉奈々&知英、大好きなコナンとの初体験に感激!

榮倉奈々&知英が初体験を告白!
  • 榮倉奈々&知英が初体験を告白!

人気アニメの劇場版第19作となる『名探偵コナン 業火の向日葵』の初日舞台挨拶が4月18日に、オープンしたばかりのTOHOシネマズ新宿で開催され、ゲスト声優の榮倉奈々、応援出演の知英、レギュラー声優の高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、山口勝平が登壇した。

同劇場で、日本のアニメーション作品の舞台挨拶が行われるのは、この日が初めてのこと。ステージでは“初”、そして劇場版第19作にちなみ、本作にまつわる19個の初体験が発表された。

榮倉は、「コナンくんと初めて電波ジャックをさせてもらいました」とプロモーション活動を述懐。早朝からのテレビ出演となったが、「コナンくんは全然、眠そうじゃなくて。みんなのヒーローはすごいなって思いました」コナンの働きぶりに惚れ惚れ。

コナンとのプロモーションもこの日が最後となり、榮倉が「今日で終わるのがさみしい」とつぶやくと、高山は「また是非、よろしくお願いします」とラブコール。

小山が「来年も出ちゃえば?」と乗っかると、榮倉は「いいですか?やった!」とうれしそうに答えていた。

日本でも女優として活動をスタートさせた知英は、本作で初めてアフレコを体験。もともとコナンの大ファンだったとのことで、「初めての映画のアフレコがコナン。すごい経験ですね」と感慨深く話した。

一番好きなキャラクターは毛利小五郎とのことで、「三枚目なところと、笑い声が好きです」と告白。これには小五郎役の小山も「好きなキャラクターで小五郎と言ってもらえるのは、初めて」と感激しきりで、小五郎の笑い声を再現して、知英を喜ばせていた。

またコナン史上、初のアートミステリーとなる本作。“画伯”としても人気の俳優・田辺誠一とタッグを組み、映画のメインビジュアルは田辺が描き下ろしている。

田辺は「ファンの方のイメージを崩さないように、忠実に再現したと自負しています」とのコメントを寄せたが、独特すぎる田辺のタッチを目にした声優陣は、「素晴らしい」とニンマリ。高山は「今回の、最大のアートミステリーですよね」と賛辞を送っていた。【取材・文/成田おり枝】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報