故・本田美奈子.さんのキムが再び!4年ぶりの『ミス・サイゴン』で上映

岩谷さんとキャストのコンビネーションはバッチリ
  • 岩谷さんとキャストのコンビネーションはバッチリ

制作費40億円をかけた、ミュージカル『ミス・サイゴン』の通し稽古が13日、東京・帝国劇場にて行なわれた。

稽古に先立ち、市村正親らが会見。日本語版の訳詞を担当した岩谷時子さん(写真 下段中央)も駆けつけた。92年の初演から主人公エンジニアを演じている市村は「初演当時よりも年齢を重ね、(エンジニアの)せつなさや味が出てくるようになった」と語る。また、初代キム役を演じた、故・本田美奈子.さんについても、「美奈子の存在は大きかった。今でも舞台にいると、美奈子のキムがいるような気がする」と改めて女優としての本田さんをたたえた。

同劇場では、7月30日(水)〜8月6日(水)までを「本田美奈子.メモリアルウィーク」とし、生前の本田美奈子.さんの映像を上映する。特に彼女の誕生日でもある7月30日には、特別カーテンコールを行い、本田さんのキムをもう一度見ることができる。

実物大のヘリコプターや、巨大なホーチミン像が登場するオリジナル演出を見ることができるのは、今では日本のみ。加えて、ことしは通算1000回(9月4日(木)予定)を達成するメモリアルイヤーでもある。一度見れば、必ず引き込まれる魔力が宿っているこのミュージカル。本田版キムでも、豪華なセットでも、きっかけは何であれ、一度足を運んでみるのをおすすめしたい。【ウォーカープラス/安藤真梨】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報