志摩スペイン村に世界最大級の立体映像シアター誕生

ダルのファンタジーワールド360(写真はイメージ)
  • ダルのファンタジーワールド360(写真はイメージ)

志摩スペイン村(三重県志摩市)では、360度全周囲型の立体映像アトラクション「ダルのファンタジーワールド360」を7/11(土・予定)にオープンさせる。開園15周年記念事業の一環。

アトラクションは同施設のキャラクター・ダルの別荘という設定。観客は入口で不思議なメガネを受け取り、別荘に移動。ダルの魔法の呪文で超立体映像の不思議な世界へ誘われるというストーリーだ。

上映されるのは、海底旅行を疑似体験できるファミリー向けの「アクアワールド」や宇宙コロニーの救出へ向かう大人向け「エイリアンゾーン」など。所要時間は約13分。

360度のスクリーンは全周25メートル、高さ3.3メートル。同様の施設で60席規模のシアターを2基設置するのは世界初という。料金は500円(パスポート利用可能)。【東海ファミリーウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報