城南海(きずきみなみ)、ニューヨークで海外初ライブ!

海外でも人気を見せた奄美の島唄を歌う城南海
  • 海外でも人気を見せた奄美の島唄を歌う城南海

毎年多くの現地の人々や観光客で賑わいを見せているニューヨークBrooklyn Botanic Garden(ブルックリン植物園)で開催される『Sakura Matsuri2009(桜祭り2009)』が今年もG.Wの真っ只中の5/2〜5/3(現地時間)で開催された。

大量の桜と共に、様々な日本の文化を伝えるパフォーマンス(歌・太鼓・剣術など)が特設ステージにて行われ、5/2(日本時間の5/3)の初日のステージには、2009年1月にシングル「アイツムギ」でデビューし、4月にも昼ドラ主題歌「誰カノタメニ/ワスレナグサ」をリリースした奄美大島出身の19歳の歌手・城南海(きずきみなみ)が、奄美の島唄を中心にパフォーマンスをみせた。

例年と同等の人出を記録し、会場はコスプレや侍の格好をしたジャパンカルチャー好きの人や花見を楽しみにきた地元の人達で大盛況。ステージの前には約800人、その周辺には約4,000人の人で賑わいを見せた。そんななか、三味線を持って登場した城南海は、デビュー曲「アイツムギ」や島唄を中心に披露。島唄のウケは特に良く、予定になかったアンコールが起きたり、オリジナル楽曲もワールドミュージック調にアレンジしたものを披露し、大拍手が起こった。

4/30の成田空港では新型インフルのため、チェックイン直前まで渡米中止を検討していたが、日本の文化を伝えたい一心で渡米した甲斐があり、ライブは大成功だった。

また、イベント前日には全米で放送の「FCIモーニングEYE」にも出演した城南海。全米放送のテレビ番組への出演も果たし、初の海外ライブも成功した彼女だけに、日本でも本格的なブレイクが期待される。

【CDリリース情報】
2nd single「誰カノタメニ/ワスレナグサ」(2009.4.15(水)Release)
品番:PCCA-02890 価格:1,050円(税込)
<収録曲>
01.誰カノタメニ 02.ワスレナグサ 03.光

キーワード

[PR] おすすめ情報