松ケンと小雪も絶句“壮絶アクション”忍者映画とは

左から:崔洋一監督、伊藤英明、松山ケンイチ、小雪、小林薫
  • 左から:崔洋一監督、伊藤英明、松山ケンイチ、小雪、小林薫

白土三平の時代劇コミック「カムイ外伝」が松山ケンイチ主演で映画化。5月7日に帝国ホテルで製作会見が開かれ、松山ケンイチ、小雪、伊藤英明、小林薫、崔洋一監督が登壇した。

本作で、松ケンが扮するのは、忍者の組織から抜け出した“抜け忍”カムイ役。彼が本格アクション映画にトライしたのは今作が初めてとなった。ロケ地は猛暑の沖縄で、小雪や伊藤英明らと共に、過酷な撮影に臨んだという。

松山はアクションで苦労した点をこう語った。「いちばん大変だったのは砂浜で走るシーンで、想像以上に疲れました。練習でできたことが(本番で)できなくなったりしてびっくりしました。だからこそ、トレーニングを積みましたが」

ヒロイン・スガル役の小雪もアクションシーンには苦労したと言う。「思い出したらきりがないほど大変でした。とにかく今日ある撮影を乗り切ることって感じでした。でも、限界を感じながらも、どこかに解決策があるだろうと思い、精神的にも鍛えられました」

伊藤英明は不動役。『海猿』シリーズなど、アクション映画は十八番の彼も、夏の沖縄ロケにはかなりめげたとか。「体には自信があったけど、(暑さで)だんだん動かなくなってきて、『これは、リアル忍者ごっこだ』と言い聞かせてやってました」

一方、漁師役でアクションはなかったであろう小林薫は「僕はずっと若い頃からアクションをやってきたので、それに助けられましたね。やっといてよかったなと思いました」と、ジョークを飛ばした。

また、崔監督はこうコメント。「若い人が熱射病で倒れると、(倒れない自分に)ちょっと優越感を感じたり(笑)。苦闘の連続でしたが、それによってある空気感や物語が広がっていったり、気持ちのいい熱風が画面の中から出てくればいいなと思いました」

その後は、5月10日の母の日にちなんだエピソードも各自披露してくれた。松山は「たまたま地元に帰って自分が出演したDVDを一緒に見てたら、母からカットごとにダメだしをされて、へこみました」とのこと。小雪は「小さい頃から母が自然食で育ててくれたので、体の強さはそのおかげ。感謝してます」と語り、伊藤も「まめに連絡はとっている。家族は自分の原動力」とコメント。映画『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』(07)でオトンを演じた小林薫は、「僕はオトンだし、しかも“時々”なので、何も浮かばないですよ」と笑いをとっていた。

とにかく暑かったという夏の沖縄ロケ。でも、そこで培われた仲間意識は、きっと作品にも反映されていることだろう。現在、ポストプロダクションの作業中で、映画が完成するのは6月中旬予定だという。最新VFXも加わり、迫力満点の時代劇に仕上がる予定なので、しばしお待ちを!【MovieWalker/山崎伸子】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報