スカーレット初監督映像“ひど過ぎて”削除?

お見せできないみたい
  • お見せできないみたい

スカーレット・ヨハンソンの監督デビュー映像が、公開されぬままDVD行きの憂き目にあうという。

ナタリー・ポートマン、ブレット・ラトナーなどと共に監督したオムニバス映画『New York, I Love You』の劇場公開版から、スカーレットが監督した部分がカットされるらしい。ケビン・ベーコンが出演しているそのモノクロ映像部分は「見られた代物ではなかった。ひど過ぎてカットされた」と関係者はニューヨーク・ポストに語っている。

同作のプロデューサー、エマニュエル・ベンビイによれば「(あの部分の)ストーリーは特定の人間関係を描いたものではなく概念化されたものだったし、白黒で撮影されていた。そのため、他の映像とあまりにもかけ離れていた」「自分はスカーレットの想像力に感銘を受けた。しかし最終的には編集の段階で決断を下さなければいけなかった」という。【UK在住/ブレイディみかこ】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報