役所&本木&松坂&堤、豪華共演の戦争映画が完成!

『日本のいちばん長い日』に出演する役所広司と本木雅弘
  • 『日本のいちばん長い日』に出演する役所広司と本木雅弘

『駆込み女と駆込み男』(公開中)の原田眞人監督最新作『日本のいちばん長い日』(8月8日公開)の完成報告会見が、5月20日にコンラッド東京で開催。役所広司、本木雅弘、松坂桃李、堤真一、原田監督が登壇した。

主人公の陸軍大臣・阿南惟幾役の役所は「岡本喜八監督作で阿南さんを三船敏郎さんがやられていて、プレッシャーがあり、嫌だなと思っていました」と苦笑い。「でも、原田さんなら、新しい阿南大臣を作ってくださるんじゃないかと。原田監督から言われると断れないので、喜んでやりました」。

昭和天皇役の本木は、「元々オファーされた方ではなく、急遽、私に矢が向いてきたアクシデントだったのですが、それを受け入れて、私は得をしたと思っています」と告白。オファーを承諾したのは、義母・樹木希林の助言があったそうで「原田監督は良い監督だし、なかなか昭和天皇の役を演じる機会はないだろうから」と言われたと言う。

松坂桃李は、本作で坊主頭になったことについて「問題ないです」と笑顔を見せた。また「戦争映画に初めて参加しましたが、日常がしっかりと描かれていて、僕のなかでは新鮮な感じでした」と感想を述べた。原田組の常連である堤は「この映画に出演させてもらったことを誇りに思っています」と力強く語った。

原作は、昭和史研究の第一人者・半藤一利の傑作ノンフィクション。太平洋戦争末期に、終戦の舞台裏で身を挺して闘った人々の物語となっている。原田監督は「いま、時代がきなくさくなっていて、この映画を作る重要性を感じた」と本作への熱い思いを口にした。【取材・文/山崎伸子】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報