坂本龍一が認めたアーティスト、コトリンゴとは?

坂本龍一をも魅了したその才能とは?
  • 坂本龍一をも魅了したその才能とは?

2006年3月坂本龍一がナビゲーターを務めるラジオ番組のオーディションコーナーにデモテープを送り、のちに2ndシングルとなる「にちよ待ち」がオンエアされたことがきっかけとなり同年11月にその坂本龍一プロデュースによる「こんにちは またあした」(「月桂冠・つき」のCMソング)でデビューし、話題になったコトリンゴ。

これまでもボストンのバークリー音楽院で学んだ驚くべきピアノテクニックと、それと相反するファニーボイス、また卓越したソングライティングで高い評価を得ていた彼女だが、9/10(水)に発売される初のセルフプロデュースによる2ndアルバム「Sweet Nest」でその才能がさらに高みへ開花した。

歌手の大塚愛はコトリンゴのことを、「コトリンゴの世界、マイナスイオンたっぷりのワンダーランド。吸いこまれるように、堪能シテホシイ。」とコメント、同じく歌手の中村中も「鍵を回したら、扉はひとりでに開いてしまった。そこは少女の遊び部屋、玩具箱からこぼれた玩具がひっくり返ってちらばって、キラキラ光っている。部屋から飛び出した少女は、空を飛んだり、悪戯したり、恋をしたりしながら魅力的になってゆく。あどけなさと逞しさ、それに甘酸っぱい音が詰まりに詰まったコトリンゴ。熟していて、きっと好きになる。」と絶賛している。

また、そのアルバムからのリード曲「おいでよ」は、日本テレビ系「歌スタ!!」(日本テレビ系、毎週月曜24:29〜24:59)9月の“お題歌”に決定。もともとソングライティングからアレンジまで全て自分でこなすコトリンゴ。坂本龍一プロデュースでデビューしたが、今作はセルフプロデュース作品となった。坂本龍一は今回の作品で「コトリンゴはぼくの手からはなれて、自由に空を飛翔し始めた、これは記念すべきアルバムです。ふつうのPOPSとして聴いて、いいアルバムです。珠玉の曲がたくさんつまっています。未来のさらなる飛翔を期待しています。」とコメントしている。これからの彼女に目が離せない。

コトリンゴ 2ndアルバム
「Sweet Nest」
2008年9月10日発売 RZCM-46010 2,940円(tax in)
1.me&my bird prince
2.closet
3.おいでよ ※日本テレビ系「歌スタ!!」9月の”お題歌”
4.me.ga.ne
5.classroom
6.summer ※伊藤園 天然美香ジャスミン茶 TVCMソング
7.帰り道
8.デイジー
9.だいすきなひと
10.きみはジーニアス
11.ふれたら
12.to stanford

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報