のみきりサイズで脂肪分0!“ちょうどいい”ピルクル登場

腸内細菌のバランスを安定させるカゼイ菌(NY1301株)入りの「ちょうどいいピルクル」(200ml・税抜100円)。乳酸菌、サイズ、カロリーが“ちょうどいい”
  • 腸内細菌のバランスを安定させるカゼイ菌(NY1301株)入りの「ちょうどいいピルクル」(200ml・税抜100円)。乳酸菌、サイズ、カロリーが“ちょうどいい”

日清ヨークは、乳酸菌飲料「ピルクル」シリーズから「ちょうどいいピルクル」(200ml・税抜100円)を、6月9日(火)より全国(沖縄を除く)で新発売する。

特定保健用食品の「ピルクル」は1993年の発売以来、“ゴクゴク飲める乳酸菌飲料”として愛されている。

今回発売の「ちょうどいいピルクル」は200ml容量で手軽に飲める“のみきり”サイズ。65mlでは物足りなく、500mlでは飲みきらない、という時にぴったりだ。

またピルクルならではのおいしさはそのままに、1本あたり89kcal。従来のピルクルに比べてカロリーは30%オフで、脂肪分もゼロなのでダイエット中の女性にもおすすめ。

一方、十勝産の乳製品を使用した「十勝のむヨーグルト」シリーズから、夏を感じるマンゴー果汁を合わせた「十勝のむヨーグルト マンゴー」(1000g・オープン価格)が発売中(沖縄を除く)。

どちらも、生きたまま腸に届く乳酸菌を使用している。おなかの健康を支えてくれる乳酸菌飲料を積極的に摂り入れて、体の中からきれいになろう。【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報