「ヤフー女」と「グーグル女」どっちがセクシー?

セクシー意識が高い(?)グーグル女
  • セクシー意識が高い(?)グーグル女

利用するポータルサイトの違いによって、自分がセクシーだと思う“セクシー意識”に違いはあるのでしょうか?

ドメインウェブショップを総合支援するEストアーでは、全国の20歳以上の600名を対象にグーグル利用者とヤフー利用者インターネット調査を実施。その結果、グーグルを利用する女性(以下グーグル女)は、ヤフーを利用する女性(以下ヤフー女)よりも自分のことを“セクシーだ”と思っていることが判明しました。

自身を「セクシーだ」「ややセクシーだ」と思っているグーグル女は23.5%。ヤフー女の9.6%に比べ、2倍以上の数を誇っています。日本ではヤフーに比べ劣勢ながらも、世界的にはポータルサイトとして最も利用者が多いといわれるグーグル。グーグル女はワールドスタンダードを活用する“セクシーな自分”に自信を持っているということでしょうか。

他方でヤフー女の36.3%が「セクシーではないがセクシーになりたいと思う」と考えている模様。こちらはグーグル女の28.1%を上回っています。潜在的な“セクシー”への向上心は、ヤフー女のほうが高いようです。

とはいっても、グーグル女の4分の1以上は既に“セクシー組”。“願望組”と合わせて51.6%のグーグル女は、“セクシー意識”があるいうことです。対するヤフー女は合計でも45.9%と過半数に届きませんでした。総合的に見ると、やはりグーグル女はヤフー女よりも“セクシー意識”が高いということです。

日本におけるグーグル女の“セクシー意識”の高さの理由の一つに、「人とちょっと違う自分=カッコイイ」という価値観があると考えられます。

例えば、ウィンドウズよりもマックを愛好する人の意識として性能など実務面の違いはもちろんありますが、「その方がカッコイイから」と理由を挙げる人がいます。コレと同じことが、日本におけるグーグルとヤフーの立場にも当てはまると考えることもできます。

エステやネイルサロンなど、ますますセクシーな女になるための自分磨きに余念のない女性が増える昨今。そんな女性に「グーグルとヤフー、どっちを使ってますか?」なんていう突拍子のない質問をしてみると、案外面白い返事をもらえるかもしれません。【東京ウォーカー】

アンケート調査期間:09年4/28〜4/29

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報