鬼束ちひろ、最新PVで舞う!「踊りだけで表現を!」

鬼束ちひろ、約10ヶ月ぶりのリリース曲だ!
  • 鬼束ちひろ、約10ヶ月ぶりのリリース曲だ!

鬼束ちひろが5/20(水)にリリースする期間限定生産シングル「X / ラストメロディー」より、「X」のPV(プロモーション・ビデオ)が完成し、5/13(水)よりYou Tubeのユニバーサル・ミュージック公式チャンネルを皮切りに、各局でのオンエアが解禁されることとなった。

今回のPVは、映画、CFなど、多方面で活躍する映像作家・柿本ケンサクが監督。通常、歌と映像がシンクロする手法、いわゆるリップ・シンクではなく、楽曲「X」を「舞い」だけで表現するボディ・シンクとでもいうべき斬新なコンセプトで撮影され、かなりアート性の高い作品に仕上がっており、ファンならずとも必見の価値ある映像となっている。

また、「X」を映像にするにあたり、この強い楽曲を表現するには「踊りだけで表現を!」という本人からのアイディアで実現。「舞い」は本人自身がこの撮影の為に考案したオリジナルで、PVの全編を通し鬼束ちひろが初公開の「舞い」を披露しているが、撮影自体は早朝から深夜にまで及び、毎回全身全霊で踊るため、かなりハードだったという。本編には最後、力尽きるまで踊るクランクアップ直前のラストカットも収録されているので、こちらもお見逃しなく。

また、今回は、ニューヨーク・タイムズに「驚異のダンサー」と評され、世界的に活躍しているコンテンポラリー・ダンサーの森山開次氏をゲストに迎え、活動するフィールドを飛び越えた新たな共演も話題になりそうだ。

※You Tube ユニバーサル・ミュージック・チャンネルでの鬼束ちひろ「X」PVの解禁は、5/13、午後12:00より

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報