斎藤工は「ヤキモチやき」と妻役の女優が証言

完成作への並々ならぬ思いを明かした斎藤工
  • 完成作への並々ならぬ思いを明かした斎藤工

斎藤工主演の忍者アクション『虎影』の初日舞台挨拶が6月20日に新宿武蔵野館で開催され、斎藤をはじめ、芳賀優里亜、しいなえいひ、津田寛治、石川樹、西村喜廣監督が登壇。斎藤演じる虎影の妻役を演じた芳賀が、斎藤のヤキモチやきの一面を暴露した。

愛する家族を守るために再び刀を抜くことを決意した、忍者・虎影の命がけのバトルを描く本作。西村監督は、「最近、漫画原作の作品が多い中、完全にオリジナルの作品」と紹介。「原作ものではない映画の企画は通りにくい」と邦画界の状況を明かし、「みんなとずっと続けていきたいシリーズ」と完成作に胸を張っていた。

西村監督とは長年の付き合いだという斎藤も「出演した作品の中でも、思い入れがちょっと違う」と本作への思いを告白。「配給さんが決まる前から、この映画をどうしていこうと作戦を練っていたり、主演兼、配給・宣伝のような関わりをさせていただいた。今日を迎えられて、感慨深い」と打ち明けた。

劇中では、斎藤が妻と息子を守ろうと奮闘する虎影役を演じた。息子役の石川は、「雨に濡れたときは工さんが僕の頭を拭いてくれてとてもうれしかった」とニッコリ。妻役の芳賀は「私は撮影に入る前に毎日、樹をハグしていた」と母親役の役づくりについて述懐し、「私のハグが終わると、斎藤さんが樹をハグしにいくんです。どうやら、私の残り香ではなく、自分の後味で終わらせたいらしくて。意外とヤキモチやきなんだなと思った」と斎藤の一面を暴露。会場の笑いを誘っていた。

最後には、「西村さんのセンスにいろんな人が賭けた。エンタテインメントの生まれ方として、邦画の中でもとても稀な出産をできた作品。この作品の行く末を見守っていきたい。海外で暴れてほしい作品でもある」と改めて本作への愛を語った斎藤。またマスコミ向けのフォトセッション時には、「初日に来てくださった方は、この作品の広報部長だと思っている。素材を提供するのが、僕らの責務。よろしければ写真を撮ってください」と観客にも写真撮影OKの提案をし、会場も斎藤の誠意あふれる言葉に歓声が上がっていた。【取材・文/成田おり枝】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報