【開国博通信Vol.16】Y150エリア内飲食店を飲み歩いてみた!

昆布、焼ちくわ、ごぼう巻、こんにゃく、大判揚げ、玉子、大根が入って¥500!
  • 昆布、焼ちくわ、ごぼう巻、こんにゃく、大判揚げ、玉子、大根が入って¥500!

開国博Y150は基本的に駐車場の準備がなく、公共の交通機関を利用して来場することが推奨されています。と、いうことは。お出かけの時はドライバー役を務めることが多い彼氏やお父さんやそのほかのみなさんも、お食事では気兼ねすることなくお酒を飲めるということでありまして。その場合、いったいどんなお酒が飲めるのか。5/13(水)夜、Y150エリア内にある飲食店3軒のアルコールメニューを、ひと通り見て参りました。

まずは有料エリア「はじまりの森」にある、黒船レストラン。こちらはKIRINベイサイドデリとチャイナデリの2店が入っています(※チャイナデリは8月中旬にて閉店しました)。昼間は雨が上がると上着もいらない陽気になりましたが、夜はそれではまだ肌寒く、吸い寄せられるようにチャイナデリにて「あつあつおでん」550円と日本酒(清酒大関・180ml)500円でまずは乾杯。日本酒は熱燗にもできるのがうれしいところ。生ビールは450円。生ビール唐揚げセット800円、生ビール春巻セット900円、生ビール肉まんセット780円と、いい感じのセットメニューが並びます。缶ビールではハイネケン(350ml。以下、缶ビールはすべて350ml)が400円。ほかに韓国本場キムチセット、ナムルセット共に800円。こちらも追加でもう1缶頼みたくなるような組み合わせ。こりゃ晩酌セットはココで決まりかな? と思いきや。

KIRINベイサイドデリ。さすが、キリンビールが出店しているだけあって、かなりの種類のお酒が用意されていました。今回のテーマを思いついた時は「全種類制覇できちゃったらどうしよう」といらぬ心配をしていましたが、そんなこともなく。ピーカンの青空の下、好きなお酒が飲めるなら最高!とまだ来ぬ夏に思いをはせるほどの充実ぶりでした。

さて、ラスト1軒は無料エリア・赤レンガ会場(広場)にある「ワールドレストラン」。こちらでも一番搾り生やハイネケン、バドワイザーに、赤白ワインもあって満足のいくラインナップ。こちらでは、この店唯一のカクテルであるキャプテンモーガン(キャプテンモーガンというラム酒のコーラ割。アメリカのメニュー)に、あえてロシアのピロシキ2個500円をチョイス。「ロシアの惣菜パンとアメリカのカクテルを一緒に楽しめるなんて、日本そして開国博…素晴らしいじゃないですか…!!」と感じ入りながら、「トゥモローパーク」に立ち寄りつつ、会場を後にしました。

そして。お酒あるところに必ずアイスあり。下戸のみなさん、スイーツめぐりは別の機会に必ずやりますので、ご期待ください!【横浜ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報