たばこと塩の博物館、開館30周年記念展示がスタート

鈴木春信「おせん茶屋」18世紀中期(明和頃) たばこと塩の博物館蔵
  • 鈴木春信「おせん茶屋」18世紀中期(明和頃) たばこと塩の博物館蔵

9/10(水)〜10/17(金)、たばこと塩の博物館(東京都渋谷区)では開館30周年を記念した特別展「四大嗜好品にみる嗜(たしな)みの文化史」が開催される。

酒、茶、コーヒー、たばこの「世界の四大嗜好品」が日本においてどのように発展し、受け入れられてきたか。貴重な資料とともに紹介するほか、ニューヨーク、パリ、上海など世界8都市の「キオスク」で売られている商品を通して、急速に変容しつつある新しい嗜好品文化の傾向を探る。

期間中は多彩なイベントが開催。嗜好品文化の奥深さと嗜みの大切さが感じとれる内容だ。【東京ウォーカー】

営業時間:10:00〜18:00(入館〜17:30)
定休日:月曜(祝日の場合は翌日)
入場料:一般100円

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報